「ゴルフ場分析レポ」シリーズのひとつ、「一粒で2度おいしい」メンバーシップコース。36ホールあって、コースを2倍楽しめる。ゴルフダイジェスト会員権サービス部関西エリア担当が、「コースクオリティの高さ」「クラブハウスが別々にある」「予約が取りやすい」の視点でコースを選りすぐり。兵庫県の「花屋敷ゴルフ倶楽部」。

花屋敷ゴルフ倶楽部(ひろの・よかわ共通会員権) 

「花屋敷ゴルフ倶楽部は、クルマで5分程度の距離に『ひろのコース(18H)』と『よかわコース(18H)』があり、双方がメンバーフィの共通会員権です。2つのコースは全く違った趣とコースレイアウトで、まさに一粒で2度おいしい倶楽部です」(担当S)

「ひろのコースは、歴史のある名門といった佇まいで、クラブハウスも落ちついた雰囲気があります。対して、よかわコースは女子プロ大会『スタジオアリス女子オープン』を14年間開催するトーナメントコースらしいスポーティなイメージです。それぞれが独立したゴルフ場ですので、クラブハウス内も混雑することなく、ゆったりと食事や入浴が楽しめます。スタートホールから渋滞することもありません」

花屋敷ゴルフ倶楽部 ひろのコース
兵庫県三木市吉川町上荒川字松ヶ浦713-1
アクセス:舞鶴若狭道・三田西IC約4分 中国道・神戸三田IC約10分
花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース
アクセス:舞鶴若狭道・三田西IC約9分 中国道・吉川IC約5分
電車:JR福知山線・新三田駅からクラブバスで約15~20分(両コースともに)

「両コースともに、各ICから近くアクセスも良好です。クラブバスも充実しています。JR新三田駅の駅前ロータリーの対面側にバスが止まります」(担当S)

「花屋敷ゴルフ倶楽部」の歴史は古く、旧コースの開場は1959年。兵庫県川西市の山の中腹、標高100mの山岳エリアに、2年半かけて造られたのが始まりです。

その後、理想のゴルフコースの構想がふくらみ、兵庫県三木市吉川町の丘陵地帯に移転が決定、1971年から造成を開始します。コース設計は、ひろのコースがJ・E・クレーンとロバート村島。よかわコースは上田治。そして、1973年に旧コースが閉鎖されて、ひろのコースとよかわコースの2コースを持つ36ホールのメンバーシップコースとして、今に至ります。

【ひろのコース】グリーンを複数のバンカーがガード、7ホールに池が絡む戦略性

画像: ひろのコースのクラブハウスからの眺め。右が1番ホール、左が10番ホール

ひろのコースのクラブハウスからの眺め。右が1番ホール、左が10番ホール

画像: 10番ティから見た、ひろのコースのクラブハウス

10番ティから見た、ひろのコースのクラブハウス

アウトはコースの外周以外にはOBがなく、高低差が少ないゆるやかな9ホールで、インはやや起伏が強まる丘陵コースです。全体にフェアウェイが広い反面、ベント(ペンクロス)の1グリーンは、池や複数のバンカーでガードされ、ピンに近づくほど絞られていくレイアウトです。

ペナルティーエリアの池が、アウト4つ(4・5・6・8番)、インで3つ(13・14・16番)絡みます、キャリーボールでしっかり狙うショット力が試されます。18番のパー5が最も長く、フィニッシングホールにふさわしい佇まい。

画像: ひろのコース1番ホール(504Y・P5)ティショット打ち下ろしの真っすぐなパー5

ひろのコース1番ホール(504Y・P5)ティショット打ち下ろしの真っすぐなパー5

画像: ひろのコース16番ホール(170Y・P3)

ひろのコース16番ホール(170Y・P3)

「プレースタイルは、原則キャディ付きの5人乗り乗用カート。ひろのコースは、伝統と風格を兼ね備えた雰囲気の中で、ゆったりとゴルフを楽しめますが、グリーン周りが難しく、見た目よりも戦略性豊かな設計です、と付け加えさせていただきます」(担当S)

花屋敷ゴルフ倶楽部ひろのコース
開場:1973年
コース:18H・6711Y・P72
設計:J・E・クレーン ロバート・村島
グリーン:ベント1グリーン(ペンクロス)
コースレート:72.6 スロープレート:137

J・E・クレーン
1892年神戸生まれ、垂水GC(1920年開場)でコース設計を開始、1930年開場の鳴尾GC猪名川コースの設計にも兄のH・C・クレーンとともに関わる。戦後も「花屋敷GC」など関西を中心に多くのコースを設計。1980年逝去
ロバート・村島
「花屋敷GC」を始め、1970年代に西日本を中心に活躍した設計家。広島の「白竜湖CC」「呉CC」など

【よかわコース】上田治設計。スタジオアリス女子オープンの舞台

画像: よかわコース1番ホール(448Y・P4)

よかわコース1番ホール(448Y・P4)

コース設計界の巨匠・上田治が描いた雄大な丘陵コースです。フェアウェイは広く、全長が6840ヤードと広野コースよりも距離があります。また、4つのパー3は、3番が池越え、7番がフルバックで200ヤード以上、12番がグリーンが細長く、15番が205ヤードといずれも難ホール。パー5は最短の10番でも503ヤードと距離が文字通りのロングホール揃いです。

2005年から女子プロの「スタジオアリス女子オープン」の開催を続ける、テレビでもお馴染みの名トーナメントコースのひとつです。

画像: よかわコース18番ホール(426Y・P4)。トーナメント中継でもお馴染みのクラスハウス。セカンドは池越え

よかわコース18番ホール(426Y・P4)。トーナメント中継でもお馴染みのクラスハウス。セカンドは池越え

画像: よかわコース15番ホール(205Y・P3)

よかわコース15番ホール(205Y・P3) 

画像: よかわコース17番ホール(379Y・P4) よかわは両ベントの2グリーン

よかわコース17番ホール(379Y・P4) よかわは両ベントの2グリーン

花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース
開場:1973年
コース:18H・6840Y・P72
設計:上田治
グリーン:ベント2グリーン(ペンクロス)
コースレート:73.8 スロープレート:140

上田治の特集記事はコチラ↓

花屋敷ゴルフ倶楽部 共通会員権&入会条件
〈名義変更料は通常100万円を期間限定で半額中〉
【正会員】会員権相場/50 名変料/50 年会費/7.2
【平日(土曜可)】会員権相場/20 名変料/25 年会費/5.4
【平日(土曜不可)】会員権なし
【入会条件】国籍/日本の方 推薦保証人/倶楽部在籍5年以上で直近1年に5回以上ラウンドをされている正会員1名(署名・入会者との関係性を具多的に記述・実印捺印・印鑑証明書添付)
※金額は外税(万円)※2019年6月1日現在

会員権の最新相場検索はコチラ↓

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

会員権のお問い合わせ、ご相談はゴルフダイジェスト社 会員権サービス部が承ります

This article is a sponsored article by
''.