圏央道さがみ縦貫道が開通したことで、神奈川県北へのアクセスがよくなりました。このエリアは「10コース」が軒を連ねる神奈川のゴルフ場銀座ともいえるエリアです。今回は、その中でも圏央道・相模原ICから10~15分とアクセスが極めてよくなった3コース「東名厚木」「相模野」「大相模」をご紹介いたします。起点の茅ケ崎JCTから相模原ICまでは32.8キロ、25分。開通前は、国道129号を北上し、国道246号を横切り、厚木市街から40~50分という「近いのに時間のかかる」エリアでした。そのため、神奈川東部のゴルファーは千葉(市原)へ遠征するケースが多かったと思います。しかし、土日祝日となるとアクアライン渋滞が慢性的に発生。もはや千葉市原エリアも遠いゴルフ場となっています。

一番人気は「東名厚木」。「相模野」のW正会員はさらに買いやすくなった

ゴルフ場相場名変預託金
東名厚木30名変込
相模野10以下2050
大相模10以下50100
長竹65100200
厚木ICから相模原ICまで22.7キロ。東京方面からの
アクセスも良好。「横浜湘南道路」が開通すれば
神奈川東部・湾岸エリアからのアクセスがさらに
向上される。 相場/2019年6月現在

厚木JCTから4つめのインターチェンジ、圏央道・相模原ICから10分~15分のエリアには、「東名厚木」「相模野」「大相模」、いわゆる大衆的ゴルフ場が3つ隣接しています。

この3つのゴルフ場は、丹沢山系の東部の先端に展開するため、丘陵コースながら、山岳的要素を含むレイアウトとなっています。同じ、丹沢山系でも大山以西の伊勢原、東京CC、秦野、大秦野、小田原松田と比べると、トリッキーさは緩和された造りになっていると思います。

とはいうものの、この3つのゴルフ場は神奈川県ゴルファーが集う憩いの場として、開場以来、人気を集めています。しかし、会員権相場を見ると、東名厚木は総額30万以下、相模野は70万円~、大相模は相場1万円、名義書き換え料(以下、名変料)50万円の追加預託金100万円と、アクセスが向上した割には価格はいずれも低迷。考え方によってはお買い求めやすいゴルフ場となっています。

3つのゴルフ場を詳しく分析してみましょう。

「大相模」は、正会員3500人の27ホールです。3コースの中では1968年(昭和43年)の開場でいちばん歴史が古く、銀行関連の会員が多いと言われています。名変料、預託金の設定額が高かったことから、かつては「準名門」的な位置づけでした。

市場相場が證券額面を下回る場合、「ゴルフ場に申し出れば額面償還に応じる」とアピールしていたため、信頼性の高いゴルフ場として会員権市場でも評価されていました。しかし、リーマンショックや会員の高齢化の波に押され、途中から額面償還に応じることができなくなり、悪い評判が広まり、会員権相場は1万円以下まで落ち込んでしまいました。

入会時に預けた追加預託金100万円は、次の入会者が入会しないと返金されないことから、急いででも100万円を返金したい会員が溢れたことが、相場を下げた要因となっています。会員権が仮に1万円で入手できても、名変料50万円にプラスして追加預託金100万円が必要となると、入会を躊躇するかと思われます。そこで大相模は2019年7月から追加預託金を50万円に減額することを発表しました。もともと凖名門級のゴルフ場だっただけに、相場上昇のきっかけになれば、と思います。

ゴルフダイジェスト会員権サービス部の分析では、追加預託金を「撤廃」できないゴルフ場は、既にそのお金に手を付けてしまっているから、と考えてしまいます。退会時に返してくれるお金が、返ってこないのではと思わせる経営運びでは、この先も不安を一掃するのは難しいように思います。

画像: 大相模カントリークラブ

大相模カントリークラブ

大相模カントリークラブ
神奈川県愛甲郡愛川町三増1764‐4
TEL 046‐281‐1181
コースタイプ/丘陵コース
27ホール/10167ヤード/パー108
設計/発知 朗
会員権/預託金制で譲渡可
加盟連盟/JGA、KGA
最寄りIC/圏央道・相模原IC
最寄り駅/JR横浜線・相模原駅、小田急線・本厚木駅
公式ホームページはこちら

「東名厚木」は、丹沢山系にかかるゴルフ場の中では、比較的フラットなことから、募集金額も庶民的であったことから大量入会のゴルフ場となっていました。とにかく予約が取れないことで有名でした。会員数は6000人といわれていましたが、旧経営(ゴルフ振興)からPGMに変わる際、法的整理をする段階になると3万人の会員がいることが発覚しました。PGMになり、会員数も整理され27ホールで正会員が5200人。現在では比較的予約が取れるようになったようです。

会員権市場では3コースの中では、一番人気のあるゴルフ場です。山梨県の中央都留CCと共通利用できる共通会員権もありますが、年会費が高くなることもあり、中央都留のコース内容から、共通会員権に引き合いはほとんどありません。

画像: 東名厚木カントリー倶楽部

東名厚木カントリー倶楽部

東名厚木カントリー倶楽部
神奈川県愛甲郡愛川町三増2607
TEL 046‐281‐2121
コースタイプ/丘陵コース
27ホール/9539ヤード/パー107
設計/東日本開発(株)
会員権/預託金制で譲渡可
加盟連盟/JGA、KGA
最寄りIC/圏央道・相模原IC
最寄り駅/JR横浜線・相模原駅、小田急線・本厚木駅
公式ホームページはこちら

「相模野」は正会員4500人、27ホールとなっています。1976年(昭和51年)に開場しますが、1年後に倒産。この時、会員が大量にいることが発覚し、現経営のもと、丁寧な対応で今日に至ります。1998年(平成10年)の償還問題の解決策のひとつとして、「W正会員」というカテゴリーを作りました。これは会員のゲスト1名が全日メンバーフィでプレーできるというもの。夫婦でゴルフ、子供とゴルフ、お仲間を誘いやすいゴルフ場として一時、「W正会員」は人気がありましたが、現在は「売り」が過多となっています。やはり会員数が多く、コースもやや狭めの印象があり、さらに入会に際して名変料20万円の他に、50万円の預託金を積まなければいけないのが要因と思われます。

画像: 相模野カントリー倶楽部

相模野カントリー倶楽部

相模野カントリー倶楽部
神奈川県相模原市緑区葉山島字紅葉山1010‐1
TEL 046‐281‐1421
コースタイプ/丘陵コース
27ホール/9885ヤード/パー108
設計/丸毛信勝
会員権/預託金制で譲渡可
加盟連盟/JGA、KGA
最寄りIC/圏央道・相模原IC
最寄り駅/JR横浜線・相模原駅、小田急線・本厚木駅
公式ホームページはこちら

同じ相模原IC利用なら、信用の高い「長竹」。総額365万円 

画像: 長竹カントリークラブ

長竹カントリークラブ

圏央道・相模原ICには「長竹」があります。こちらは会員権65万円、名変料100万円、追加預託金200万円、総額で365万円と価格的にみても上記3コースより格上のゴルフ場となります。18ホールで正会員1300人、三菱系列の会員が多いと言われています。名変料、追加預託金は、現在では高めと思われる設定ですが、退会申請をすると額面償還および預託金も返金する信用性の高い運営をされています。そのため入会申請者の質も高い方が多くなっています(長竹と同様の対応をしているのが神奈川ではレインボーCC)。

長竹カントリークラブ
神奈川県相模原市緑区長竹1838
TEL 042‐784‐1969
コースタイプ/丘陵コース
18ホール/6673ヤード/パー72
設計/佐藤 昌
会員権/預託金制で譲渡可
加盟連盟/JGA、KGA
最寄りIC/圏央道・相模原IC
最寄り駅/JR横浜線、京王線・橋本駅
公式ホームページはこちら

圏央道・相模原IC至近の「大相模」「東名厚木」「相模野」「長竹」の会員権は、ゴルフダイジェスト社会員権サービス部までお気楽にお問合せください

(ゴルフダイジェスト社会員権サービス部・関東担当)

会員権のお問い合わせ、ご相談はゴルフダイジェスト社 会員権サービス部が承ります

最新の会員権相場はコチラ↓

会員権相場検索ページはこちら

This article is a sponsored article by
''.