このコラムでは、1980年に週刊ゴルフダイジェストが短気集中連載で報じた「県別、優良会員権ガイド」と、2019年現在の会員権市場を照らし合わせることで見えてくる、ゴルフ場の「本当の価値」を考察していきます。第7回は「静岡県」「山梨県」の巻。

静岡県の会員権相場をリードするゴルフ場はどこか? と聞かれると、即答できる人は意外に少ないかもしれません。ベストコースは? と聞かれれば、川奈ホテル富士コースがあり、太平洋クラブ御殿場コースの名がすぐに出てきますが…。

静岡県は日本の大動脈、東名高速と東海道新幹線が走っているため、アクセスは、他県をリードしているのではないでしょうか。しかし、週末の東名上り大和トンネル渋滞は、全国ワーストと有難くない称号をいただいています。

1980年時、静岡県のゴルフ場数は71コース、うちパブリックが5コース。2019年現在91コースあり、20コース増えています。会員権相場も40年でずいぶん順位変動がありました。1位だった東富士は会員権相場50万、名変料100万でトップ陥落。2位の愛鷹600はアコーディアとなり会員権相場10万、名変料50万。4位の足柄森林は会員権相場20万、名変料40万。6位だった富士カンにいたっては会員権相場1万、名変料70万と信じられない相場となっております。

一方、3位の富士小山、4位の浜名湖、10位の浜松シーサイドの落ち幅は少なく、特に「御殿場、裾野、沼津エリア」は、選択肢が多いだけに市場の見方も、厳しくなっているようです。

当コラムは、1980年の記事(『』で囲んだ部分)に、2019年現在の市場をGD会員権サービスが【一言】加筆して構成しております。

【ゴルフダイジェスト社・会員権サービス部】
会員権取引57年、10万件超をお手伝い
1962年(昭和37年)から、ゴルフ会員権取引業務を始めました。以来57年、ゴルフダイジェスト社でお手伝いさせていただいた方は、延べ「10万件」を超えております。ゴルフダイジェスト・ブランドがもつ安心感に加え、豊富な情報量、経験豊かなスタッフによる適切なアドバイスで全国をカバー。よりよいゴルフライフ、豊かなメンバーライフのお手伝いをさせていただきます。

1千万円超えは「ゼロ」。静岡は「中堅モノ」の激戦区

1980年2019年
ゴルフ場相場名変相場名変
東富士5205055100
愛鷹600500801050
富士小山40050100100
足柄森林390501840
浜名湖39030240100
富士カン37580170
伊豆大仁33050150100
富士国際2803050100
沼津270501550
浜松シー27030110100
相場/2019年8月現在

では、1980年の静岡県、山梨県のゴルフ会員権事情を週刊ゴルフダイジェストはどのように分析していたか見てみましょう。

『日本ゴルフ場事業協会の調べによると、静岡県内には71のコースがある。うちパブリックは5つ。全国では北海道、兵庫、千葉に次いで4位。ここ1、2年で千葉に抜かれてしまった』

『ところで、この静岡県の中でトップ相場をつけているコースは、どこか。案外、知らない人が多い。トップは東富士。はて?どこにあるコースか、これまた知らない人が多い』

『三菱地所が母体で一流名士がずらりメンバーに名を連ねている。格式が高く、以前はろくにビジターも入れなかったから、開場13年も経つコースなのに、知られていない。2年後にできた愛鷹600とは、相場の上で抜きつ抜かれつのレースを展開している』

画像: 東富士カントリークラブ(18H・7034Y・P72)

東富士カントリークラブ(18H・7034Y・P72)

【GD会員権サービスから一言】
東富士カントリークラブ
最寄ICは御殿場ですが、メンバーによると大井松田ICから30分程度で行けるので、こちらを利用していく方も多いそうです。経営母体は三菱地所グループで、絶対の信用度といっていいほど。難をいうなら、姉妹コースの富士国際と同様に法人接待利用が多いため、個人の会員がひとりで利用するには、予約の取りやすさという点で〇を付けられないことです。
接待目的利用の組に知らないメンバーを組み合わせで入るわけにはいかないためです。償還にも対応していたため、会員数が少なく、18ホールで1000名を下回っています。個人の方でもお友達が多く、いつも組単位で予約するような方には、おすすめです。

『愛鷹600は、プロ野球南海ホークスの監督を長年つとめた鶴岡一人氏が、会長兼副理事長で、西野譲介社長が理事長も兼ねている。この西野オーナーがやり手で、茨城にセントラルゴルフ(36H)を持ち、1974年4月オープンと同時に5カ月後の9月、日本オープン(優勝、尾崎将司)を開かせた』

セントラルGCでの日本オープン「伝説の名勝負」はこちら↓

『駿河湾を見下ろすいい所にある。この付近、ちょっとしたゴルフ銀座で、新幹線の車窓からも、
コースがいくつか山の中腹に並んでいるのが見える』

『沼津、新沼津、沼津国際、富士エース、三島ゴルフ、先日開かれたゴルフダイジェストトーナメントの舞台、東名カントリーもそうだ』

『この愛鷹600と東富士が静岡県の目下、両横綱と言える。しかし、いつまでも安泰ではない。東京相互銀行がバックの富士エース(18H)が1千万円で会員募集をしたが、これが、どの程度の相場をつけるか。それにヤマハが母体の葛城ゴルフ(36H)の評判がいい。東名・袋井インターから10分余り。井上誠一設計の丘陵コースで、第二次正会員550万円で募集を締め切った。当分の間、譲渡停止になっているので、市場に出てきたら、かなり高相場をつけるのでは』

【GD会員権サービスから一言】
葛城ゴルフ倶楽部
決してアクセスがいいわけではないのに、会員権相場も募集金額近くで安定推移し、また募集を行っても、ほぼ完売してしまうのは、さすがヤマハブランドです。藤田寛之プロが所属していたり、LPGAのトーナメントコースであることもイメージに貢献しているといえます。また、なによりも、退会時にはお約束通りに預託金を償還しているという姿勢が評価されていることはいうまでもありません。

『両横綱の控えたあとに、小田急電鉄がバックの富士小山が出てくる。1979年4月、クラブハウス増改築による新規会員募集(350万円)をして若干増員したものの、会員数は1000人余り。募集当時、市中の相場は410万だった。ふつう相場を無視して倍以上、高い金額で募集するコースが多い。そのなかで相場より安い募集金額は、良心的とみられ、現在も相場は上がり気味』

富士小山GCが舞台「伝説の名勝負」はこちら↓

【GD会員権サービスから一言】
富士小山ゴルフクラブ
小田急グループという安心感と、静岡県東部地区のコースの中でも、NO.1の評価のあるレイアウトが、今日も不動の位置をキープしている要因です。富士小山では、株主会員と預託会員と2タイプあり、会員の権利としては同じ。昔から、株主会員の方が人気が高く、相場も高い傾向にありましたが、今日のような経済状況下では、株主会員も預託会員もほぼ同様な相場にあり、むしろ額面が高い預託会員の方が高い傾向にもあるといえます。

『これに拮抗しているのが、老舗の富士カントリー。御殿場周辺では最も古い。ブルドーザーがないころの工事で手造りの妙はあるが、現代人には受け入れらないようで、売りがあっても買いは少ない。下がり気味で、かつて高値で富士小山を抜いていたが、逆転。今後、再逆転はないだろう』

画像: 富士カントリークラブ(18H・6780Y・P72)

富士カントリークラブ(18H・6780Y・P72)

【GD会員権サービスから一言】
富士カントリークラブ
御殿場ICから5分のアクセス。コースの高低差はないとはいえませんが、グリーンの管理もよく、会員の方々のクオリティの高さは、名門倶楽部に負けないと感じます。昭和33年に開場した頃からのハウスは国の登録有形文化財(建築物)に指定されています。年会費の設定金額を負担に感じられてしまう時代のため、会員権相場は低迷していますが、クラブ内の会員同士の『○○会』といったものが90近くあるというもの、会員間の仲が良いことの表れです。

『富士カントリーのお隣り、足柄森林は16年もあとにできて、富士カンを抜いた。雑誌の主婦と生活社がバック。静岡の最西端、浜名湖がここと並んでいるが、強い』

『山梨に少しも触れないので、ここでトップをご紹介しよう。富士レイクサイド。断トツである。河口湖を見下ろすコースだが、このお隣りに同系列の富士桜(18H)が5年前にオープン、1千万円で募集した。この麓にさきごろレディーボーデントーナメントを開いた河口湖カントリー(27H)がある。これまた1千万円で募集中。デパートの松屋がバック。会員権が市場に出てきたら、富士レイクを抜くかもしれない』

【GD会員権サービスから一言】
軽井沢や那須、蓼科といった避暑地よりも圧倒的に近く、都心から90分で行けるのが富士五湖周辺のコース。都心から北へ向かうわけでも無く、本当に避暑地なのかと行かれたことが無い方は思うかもしれないが、富士山の裾野に展開するので、標高が1000メートルもあり、夏は快適に涼しく、日が沈めば肌寒いくらいにまでなる。ゴルフ場の営業日数を比較すると、北海道のコースと変わりません。温暖化が進んだ昨今のサマーゴルフ事情では、セカンドコース的に買い求めやすい価格帯になっています。

『夏の暑さから逃げたい人は、天城高原(18H)115万~125万(名変30万)がいい。海抜1千メートル、文句なしに涼しい。しかし、よく霧がでるのが、玉にキズ。井上誠一設計でレイアウトは保証つき。東急がバックだけに、メンバーに丹羽文雄さんはじめ文士がかなり入っている。現在会員数1754人。このほか朝霧ジャンボリー(27H)220万(名変30万)は、あの雄大さだけでも心がすっきりする。ただ、交通の便が悪い』

画像: 天城高原ゴルフコース(18H・6778Y・P72)

天城高原ゴルフコース(18H・6778Y・P72)

【GD会員権サービスから一言】
天城高原ゴルフコース
暑い夏の川奈から、逃れるために造られたといわれる天城高原。昭和40年開場の井上誠一設計のコースになります。典型的な砲台グリーンで、伊豆半島ナンバー1のグリーンの速さともいわれています。経営は東急グループのため、信用度はお墨付き。冬期2か月間は厳寒の為クローズになってしまうほど、標高が高いリゾートコースです。

(週刊ゴルフダイジェスト1980年11月19日号)

ゴルフ会員権のお問い合わせは、取引実績57年、成約件数10万件以上をお手伝いしてきたゴルフダイジェスト社会員権サービス部にお任せください。

会員権・お問い合わせ

お問い合わせ方法を下のボタンから選んでタップください。

最新の会員権相場はこちらから↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

「会員権相場はウソつかない」バックナンバーはこちら↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.