会心のセカンドショットがグリーンをとらえ、さあ、いよいよバーディパット。なんとか入れたいけれど、カップまではどちらに曲がるか微妙なライン。低い姿勢からラインを読むために、グリーンに手をついて体を支えてもいいんでしたっけ?

満石の第2打は、グリーンに一直線

画像: 「ヨシッ!」

「ヨシッ!」

ナイスオン!

画像: (左)ゴルル会員番号47 満石奈々葉 (右)ゴルル会員番号48 渥美友里恵

(左)ゴルル会員番号47 満石奈々葉 (右)ゴルル会員番号48 渥美友里恵

さあ、いよいよバーディパット

画像1: ナイスオン!

複雑なラインを読むために、満石は片手をグリーン面に……

画像2: ナイスオン!

渥美は、落ち葉を拾うときなどに偶然触れるぐらいならいいけれど、思い切り手のひらをつくのはNG。グリーン面のテストと見なされると注意。

満石は、グリーン面をこすったり、故意にパットのラインに触れるのはダメだけど、手で体を支えるぐらいなら問題ないと主張。

さて、この状況で正しいのはどっち?

  • 手をついてはダメ。グリーン面のテストとみなされる

    残念、不正解です。球を転がしたり、表面をこすったり引っかいたりすることで、グリーン面をテストすることは認められていない(規則16-1d)が、今回のケースではグリーン面をテストする意図がないことは明らかなので罰はない。またパットの線にも触れていないので規則16-1aにも違反していない(関連裁定16-1d/3)

    画像1: 【ルール】グリーン面に手をついて、パットのラインを読んでもOK?
  • 手をついていい。体を支えているだけだから問題ない

    正解です。球を転がしたり、表面をこすったり引っかいたりすることで、グリーン面をテストすることは認められていない(規則16-1d)が、今回のケースではグリーン面をテストする意図がないことは明らかなので罰はない。またパットの線にも触れていないので規則16-1aにも違反していない(関連裁定16-1d/3)

    画像2: 【ルール】グリーン面に手をついて、パットのラインを読んでもOK?
  • 手をついてはダメ。グリーン面のテストとみなされる
    55
    317
  • 手をついていい。体を支えているだけだから問題ない
    45
    263

週刊GD10月23日号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.