ティショットは右の方向へ。ボールの行方を探していると、動物の足跡の中で止まっていたボールを発見。足跡なら救済OKだと思った満石だったが……それって本当に救済されるの?

ティショットを曲げた満石

画像: (右)ゴルル会員番号47 満石奈々葉 (左)ゴルル会員番号48 渥美友里恵

(右)ゴルル会員番号47 満石奈々葉 (左)ゴルル会員番号48 渥美友里恵

2人でボールが飛んで行った方向を探していると

画像1: 【ルール】ボールが動物の足跡の中に! 救済できる? それともそのまま打つしかない?

なんとボールは何かの動物の足跡の中に!

画像2: 【ルール】ボールが動物の足跡の中に! 救済できる? それともそのまま打つしかない?

動物の足跡なら救済して拾っちゃおうと満石

画像3: 【ルール】ボールが動物の足跡の中に! 救済できる? それともそのまま打つしかない?

満石は動物の足跡も、“動物が作った穴”には違いないから、『異常なグラウンド状態』とみなされるのではないかと言う。なので、罰無しで救済を受けても問題ない、ボールも拭けるし♪

渥美は穴掘り動物が作った穴とか掻き出した土なんかは『異常なグラウンド状態』として救済が受けられるけど、動物の足跡に関しては、単なる『コース上の不整箇所』として扱われるから、ありのままで打たないとダメと主張

動物の足跡は救済が受けられる?

  • ありのままで打たないとダメ

    正解。「異常なグラウンド状態」とは(a)カジュアルウォーターや(b)修理地、(c)穴掘り動物、爬虫類・鳥類が作ったコース上の穴・吐き出したり掻き出した土、通り道を言う(定義1)。「足跡」はこれには含まれず、地面の不整箇所とみなされるため、罰無しに救済を受けることができない(裁定25/19・5)。

    画像4: 【ルール】ボールが動物の足跡の中に! 救済できる? それともそのまま打つしかない?
  • 無罰で救済をうけられる

    不正解です。動物の足跡は「異常なグラウンド状態」には含まれないため、救済は受けられない。

    画像5: 【ルール】ボールが動物の足跡の中に! 救済できる? それともそのまま打つしかない?
  • ありのままで打たないとダメ
    63
    479
  • 無罰で救済をうけられる
    37
    284

週刊GD2018年11月13日号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.