朝陽をあびるグリーンの向こうには別府温泉から立ち上がる湯けむり。さらにその背後には国内有数の漁場である豊後水道を眺望できる。別府の浴びるシンボル扇山の麓に造られた「別府扇山ゴルフ倶楽部」から望む絶景は、別府の「いいところ」をてんこ盛り。秋が深まり気温が下がるにつれ、湯気が色濃くなるといよいよ「湯けむりゴルフ」シーズンの到来です。

上田治の「別府扇山GC」。大分最古の「別府GC」

日本を代表する湯処「別府・湯布院」の周りには戦略性が高く、絶景自慢のゴルフ場が目白押し。市街地から北へ15分ほどクルマを走らせれば、大分で一番、九州でも2番目に歴史のある「別府ゴルフ倶楽部」があります。開場当初から見守ってきたであろう巨木たちに囲まれたホールに足を踏み入れれば、草創期のゴルフの息吹を感じることができます。

別府の自然と景色が楽しめる名匠のコース。別府扇山ゴルフ倶楽部

扇山山麓のスロープを利用した名匠・上田治設計の丘陵コース。別府湾の全景を見下ろせる景観。2番パー4は別府市街を一望に打ち下ろす名物ホール。アウトは自然の起伏を生かし、適度なアンジュレーションがあり、インは美しい内山渓谷を取り入れたバンカーやドッグレッグを配置したレイアウトとなっています。

クラブハウスグルメは、ご当地名物の「琉球」と「とり天」。別府扇山ゴルフ倶楽部は、メンバーからも食事の評判が特によく、しかも安いです。別府ご当地グルメの「琉球」は、ヅケにしたお刺身をご飯にかけたもの。お刺身は季節によって変わりますが、主に青物を甘い醤油に生姜や刻んだネギを混ぜたタレでヅケにしています。

「とり天」も大分名物。お店によって衣に味がついていたり様々ですが、ここでは古くから家庭で出されるふつうの天ぷらスタイル。ポン酢に練りからしをたっぷり溶かして召し上がれ。

別府扇山ゴルフ倶楽部
大分県別府市大字鶴見4550-1
TEL.0977-24-2433
18ホール/6611ヤード/パー72
コースレート71.0/スロープレート132
コースタイプ/丘陵コース
設計/上田治
開場/1964年7月1日
公式ホームページはこちら

【別府扇山GC・芝刈り情報】
グリーン芝種/L93、クレンショー/3.5ミリ
フェアウェイ/コーライ/20ミリ
ラフ/野芝/51ミリ
バンカー/山砂しっとり

大分最古の元祖「温泉ゴルフ」。別府ゴルフ倶楽部

昭和5年8月、日本のプロ第一号、福井覚治と日本で初めてゴルフ誌「阪神ゴルフ」を創刊した伊藤長蔵の共同設計の9ホールで開場。昭和15年頃18ホールとなり、昭和30年27ホールへ拡張。平成5年、さらに9ホールが増設され36ホールとなった。「横に打ってもOBにならない」と言われる雄大な敷地を有するコースは外周を除いてほとんどOBがない。

草創期の雰囲気が楽しめる「鶴見コース」、カジュアルに楽しめる「由布コース」は、どちらも距離があり、コースも広いため豪快なショットが楽しめます。併設するロッジは天然露天風呂が評判。アプローチ練習場が横にあるので、遅くまで「アプローチ特訓」ができます。

画像: 和牛を使った絶品「石鍋ホルモン」

和牛を使った絶品「石鍋ホルモン」

クラブハウスグルメは「石鍋ホルモン」。タレが甘めな九州の醤油らしい和牛ホルモンの石鍋。絶品です。

別府ゴルフ倶楽部
大分県杵築市山香町久木野尾1753-4
TEL.0977-44-6002
(鶴見)18ホール/6864ヤード/パー72
コースレート72.2/スロープレート128
(由布)18ホール/6918ヤード/パー72
コースレート72.6/スロープレート127
コースタイプ/丘陵コース
設計/島崎悦吉(福井覚治、伊藤長蔵)
開場/1930年8月4日
公式ホームページはこちら

【別府GC・芝刈り情報】
グリーン芝種/ペンクロス/3.7ミリ
フェアウェイ/野芝/15ミリ
ラフ/野芝/40ミリ
バンカー/山砂しっとり

小林光昭設計の戦略性に富んだ27ホール。別府の森ゴルフ倶楽部

東に高崎山、西に九重山系、北に湯布院、観見岳を仰ぐなだらかな南斜面にゆったりレイアウトされた27ホールの丘陵コース。東コースは池越え、谷越えなど変化に富み、西コースはゆるやかな打ち上げ、打ち下ろし、距離のある実力本位。南コースはバンカーが厳しくフェアウェイにうねりのある戦略性の高い9ホール。

画像: 雄大な景色が楽しめる戦略性に富んだ27ホール

雄大な景色が楽しめる戦略性に富んだ27ホール

別府の森ゴルフ倶楽部
大分県別府市大字枝郷
TEL.0977‐24‐7611
27ホール/9663ヤード/パー108
(西・東)6680ヤード/パー72
コースレート71.8/スロープレート130
コースタイプ/丘陵コース
設計/小林光昭
開場/1974年11月5日
公式ホームページはこちら

【GDツアー おすすめ! 別府のお宿】

晴れた日には遠く四国までを望め、別府湾一望の高台に建つ「杉乃井ホテル」。絶景の露天風呂「棚湯」は、5段からなる湯船を棚田状に広げた大展望露天風呂。別府湾や街の夜景、そしてはるか四国佐田岬までを借景にした圧倒的な開放感と眺望が楽しめます。泉質はナトリウム塩化物泉。効能は神経痛、五十肩、関節痛、筋肉痛など。

画像: 杉乃井ホテル 大分県別府市観海寺1 TEL.0977‐24‐1141 公式ホームページはこちら

杉乃井ホテル
大分県別府市観海寺1
TEL.0977‐24‐1141
公式ホームページはこちら

ゴルフダイジェストツアーの「別府・湯布院」旅行プランはこちら

【立ち寄りグルメ】大分名物! グルメオールスターズが勢ぞろい

キュッと締まった身、口の中でとろけるような味わい、一度食べたら忘れられない「関サバ」「関アジ」。きめ細やかな霜降り、まろやかでとろけるような風味の「豊後牛」、低脂肪、低コレステロール、旨味とコクがある「豊後赤どり」……。大分県産の素材にこだわる居酒屋。リーズナブルな値段で新鮮な食材が供される。お酒は大分の地酒、地焼酎、九州の芋焼酎など60~70種類を用意。

画像: 【立ち寄りグルメ】大分名物! グルメオールスターズが勢ぞろい
画像: 郷土料理居酒屋こいのぼり 大分県別府市駅前町5-10 TEL.0977‐24‐4888 営業/17時~24時 定休/不定休

郷土料理居酒屋こいのぼり
大分県別府市駅前町5-10
TEL.0977‐24‐4888
営業/17時~24時
定休/不定休

地元温泉ツウに聞き込み調査。「別府八湯」で入るならココ!

この地域には以前からそれぞれ泉質が異なる8つの温泉がひしめき合っていたが、大正13年の市制施行で別府市が誕生した際に「別府八湯」という名が定着したそうだ。

数百にのぼるという温泉は名湯に秘湯、露天、混浴なんでもござれ。中には砂湯、蒸し湯、泥湯まである。言わば別府は温泉オールスターズでもある。今回紹介する温泉は「八湯」の中でも、地元温泉ツウ一押しのベスト風呂。一番遠い施設でも市内からクルマで15分なので、「温泉はしご」なんていかがでしょう。

浜脇温泉(浜脇温泉)

画像: 泉質/単純温泉温泉 市営温泉の中でも珍しく深夜まで営業している

泉質/単純温泉温泉 市営温泉の中でも珍しく深夜まで営業している

柴石温泉(柴石温泉)

画像: 泉質/単純温泉 温度の違う2つの温泉や露天、蒸し湯がある

泉質/単純温泉 温度の違う2つの温泉や露天、蒸し湯がある

別府海浜砂場(亀川温泉)

堀田温泉(堀田温泉)

画像: 泉質/単純温泉 バリアフリー対応の新しい施設

泉質/単純温泉 バリアフリー対応の新しい施設

鉄輪むし湯(鉄輪温泉)

画像: 泉質/単純温泉 清流沿いに自生する「石菖」の香り

泉質/単純温泉 清流沿いに自生する「石菖」の香り

鶴寿泉(明礬温泉)

画像: 泉質/硫酸温泉 酸性で殺菌性の強い乳白色の湯が特徴

泉質/硫酸温泉 酸性で殺菌性の強い乳白色の湯が特徴

竹瓦温泉(別府温泉)

画像: 泉質/炭酸水素塩泉・塩化物泉 昭和初期に建てられた風呂は情緒がある

泉質/炭酸水素塩泉・塩化物泉 昭和初期に建てられた風呂は情緒がある

いちのいで会館(観海寺温泉)

画像: 泉質/ナトリウム・塩化物温泉 「景観の湯」はマリンブルーの不思議な色が特徴

泉質/ナトリウム・塩化物温泉 「景観の湯」はマリンブルーの不思議な色が特徴

別府扇山GCからすぐ! 弘法大師も入った紺屋地獄の「泥湯」

画像: 別府扇山GCからすぐ! 弘法大師も入った紺屋地獄の「泥湯」

豊後風土記にも記載されほど古くから湧き出る、鉱泥と硫黄を含む明礬温泉。なかでも泥湯は効果が高いことで有名。血管を拡張し血圧を下げ血糖を抑えるので、生命維持に重要なホルモンである「副腎皮質ホルモン」を賦活します。

別府温泉保養ランド
大分県別府市明礬5
TEL.0977‐66‐2221
公式ホームページはこちら

別府から湯布院へ。澄んだ空気に思わず深呼吸!

別府温泉を堪能したら由布岳の裏側にある湯布院へ。こちらでは立ち寄り湯ではなく泊りでじっくり温泉を楽しむのが定番です。観光地化が進んだ市街を過ぎる周囲の様相は一気に山深くなり、さらに奥に進むと湯布院カントリークラブに到着します。国立公園内にあるコースは標高が800メートル以上あり、それまでとは打って変わって高原の雰囲気となります。

高原と森林。アウトとインで「2つの趣」が楽しめる。湯布院カントリークラブ

アウトの「高原コース」は、その名の通り広いフェアウェイと大きなグリーンを持つ開放的な印象のホールが多い。インの「森林コース」は杉や檜に囲まれ、各ホールは木立でセパレートされている。緩やかな丘陵地に展開するコースは広々した中にも戦略性が盛り込まれている。併設する「山下湖ロッジ」は、ゴルフ場の付帯施設と呼ぶには贅沢すぎるほど。部屋、食事、天然温泉に大満足すること間違いない。

湯布院カントリークラブ
大分県由布市湯布院町湯平1211-2
TEL.0977-84-3156
18ホール/6813ヤード/パー72
コースレート72.4/スロープレート132
コースタイプ/丘陵コース
設計/大成建設
開場/1965年10月1日
公式ホームページはこちら

【湯布院CC・芝刈り情報】
グリーン芝種/ペンクロス/4.5ミリ
フェアウェイ/野芝/15ミリ
ラフ/野芝/35ミリ
バンカー/川砂さらさら

湯布高原ゴルフクラブ

標高1,583m、豊後富士と呼ばれる「由布岳」を間近に望む南斜面に展開する高原コース。戦略性を重視した設計が施されているコースは、フェアウェイが広くのびのび打てる。アウトは高原特有のおだやかな起伏。インは林でセパレートされた林間調。ストレートなホールが多く、距離感をいかにつかむかがスコアメイクのポイントとなる。プレー後は由布院の天然温泉を引き込んだ大浴場もたっぷり楽しみたい。

画像: 湯布高原ゴルフクラブ

湯布高原ゴルフクラブ
大分県由布市由布院町川北899‐1
TEL.0977‐84‐3711
18ホール/6750ヤード/パー72
コースレート72.7/スロープレート133
コースタイプ/丘陵コース
設計/宮澤長平、黒沢長夫
開場/1973年9月14日
公式ホームページはこちら

【GDツアーおすすめ! 湯布院のお宿】

由布岳を展望できる大浴場と豊後牛しゃぶしゃぶが自慢の宿。解放感溢れる展望大浴場に露天風呂。
豊後牛のしゃぶしゃぶをメインに旬の素材を取り入れた会席料理は特に人気。「秀峰館」の運営母体は、湯布院に直営牧場を所有しているため、肉質等級4等級以上のものを「湯布院牛」として提供しています。牛肉の旨さ決める3要素、「うまみ」「さし」「香り」が存分に楽しめます。

画像: ゆふいんホテル秀峰館 大分県由布市湯布院町川上2415‐2 TEL.0977‐84‐5111 公式ホームページはこちら

ゆふいんホテル秀峰館
大分県由布市湯布院町川上2415‐2
TEL.0977‐84‐5111
公式ホームページはこちら

【立ち寄りグルメ】地元産の新蕎麦は10月下旬から提供します!

画像: 【立ち寄りグルメ】地元産の新蕎麦は10月下旬から提供します!

特に甘みと香りが強いことで知られる湯布院の蕎麦。その実を石臼で挽いた挽きたての蕎麦は、食感、のど越し、香りが高く、ソバ通も唸ること間違いなし。その秘密は蕎麦粉10、小麦粉1の「10対1」の配合にある。新蕎麦は10月中旬頃から出回りはじめる。ボリューム満点の「天ぷら盛り合わせ」と一緒に食したい。天ぷら盛り合わせは海老2尾と季節の野菜6品。「ざるそば限定」で生わさびがついてきます。大分名物の「とり天」、「地鶏そば」も人気メニュー。

こうき・由布隠酒家そば
大分県由布市湯布院町川上3727‐4
TEL.0977‐84‐2504
営業/11時~17時
定休/水曜
公式ホームページはこちら

このツアーの詳細はこちら

【関連コンテンツ】

GDツアーセンターでは各地の名コース旅行を企画しています

月刊GD2018年11月号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.