海外ゴルフ旅行といえば、さまざまな行先が思い浮かびます。アメリカ本土、ハワイ、イギリス、韓国、台湾……。ただ、初めての海外ゴルフ旅行なら、特におすすめなのがタイのバンコクです。1月~3月は乾季にあたるため雨が少なく、最高気温33度ほど(最低気温は24~28度ほど)と、今すぐ旅立ちたくなるほど暖かく快適、飛行機で約6時間。そのバンコクでゴルフと言えば、必ずと言っていいほど出てくる名コースのひとつ、「アルパインゴルフ&スポーツクラブ」を中心にゴルフの旅をご紹介しましょう。

バンコクは直行便で約6時間。時差はたったの2時間ほど。

パタヤやプーケットなど、タイには素晴らしいゴルフリゾートが点在していますが、まずはアクセスしやすい首都バンコクでタイゴルフの魅力に触れるのが定石。

バンコクは人口600万人を超える国際都市。ハイクオリティなホテルやインフラも整備され、ショッピングやグルメも充実。空港からの移動も少なく、ゴルフ以外の面でも過ごしやすく快適です。

平均気温は25度~28度。乾季のゴルフは爽快そのもの

1~3月は、1年で最も過ごしやすいタイのベストシーズン。平均気温は25~28度ほど(最高気温は30度ちょっと)でゴルフにはぴったり。朝晩は冷えることがありますが長袖一枚あれば十分。

ゴルフ場のクオリティも高水準。欧州ツアーを開催した「アルパインゴルフ&スポーツクラブ」

画像: 12番ホール(200ヤード・パー3) 大きなビーチバンカーが特徴のシグネチャーホール

12番ホール(200ヤード・パー3) 大きなビーチバンカーが特徴のシグネチャーホール

タイには、世界水準のコースがいくつもありますが、バンコクでゴルフなら欠かせないのがここです。設計は世界で250以上のコース設計を手掛けた、米国フロリダ州のゴルフコース設計会社「Ron Garl Design社」のRonald.M.Garl氏。18ホールのチャンピオンコース(開場1996年)です。

2000年の欧州ツアー「ジョニーウォーカークラシック」の舞台であり、タイガー・ウッズが25アンダーという記録的なスコアで優勝したことから世界的に有名になりました。タイ駐在の日本人にも名コース(難関コース)として知られており、キャディの質はもちろん、施設の充実度も一流です。タイに行くならぜひラウンドしたいコースです。

どこをとっても絵になる美しいコースには、うねった丘や池、バンカーが要所要所に設けられており、好スコアを出すには高い戦略性が必要。バンコク市内からは車で1時間強に位置します。気候、アクセス、コースクオリティ……初の海外ゴルフ旅にはぴったりとはまります。

画像: 11番ホール(412ヤード・パー4)アイランドグリーンが特徴のホール。池と木々に囲まれたグリーンは難しいが美しい

11番ホール(412ヤード・パー4)アイランドグリーンが特徴のホール。池と木々に囲まれたグリーンは難しいが美しい

画像: 18番ホール(402ヤード・パー4)緩やかに右に曲がるフェアウェイは池に向かって傾斜している。グリーン手前には小川が横切っており、ティショット、セカンドショットともに気が抜けない

18番ホール(402ヤード・パー4)緩やかに右に曲がるフェアウェイは池に向かって傾斜している。グリーン手前には小川が横切っており、ティショット、セカンドショットともに気が抜けない

画像: 9番ホール(380ヤード・パー4)巨大なバンカーがプレッシャーを掛けるホール。縦長の2段グリーンの攻略には正確なショットが必要

9番ホール(380ヤード・パー4)巨大なバンカーがプレッシャーを掛けるホール。縦長の2段グリーンの攻略には正確なショットが必要

タイ政財界の大物が名を連ねる完全メンバーシップのコースですが、ゴルフダイジェスト・ツアーセンターではベストシーズンのツアーが設定可能です。

このツアーの詳細はこちら

画像: クラブハウスに入れば、そこかしこがラグジュアリー

クラブハウスに入れば、そこかしこがラグジュアリー

プレーヤーひとりにキャディがひとり。タイならではの優雅なゴルフスタイル

プレイヤー1人に1人のキャディ。たとえ言葉が通じなくてもゴルフのことなら身振り手振りで大丈夫。日本では経験できない至れりつくせりのゴルフ体験です。

一流ホテルに宿泊。プレー後にはマッサージ&スパと、まさにゴルファーの楽園

画像: デラックスホテルなら安心の日系、オークラ プレステージ バンコク(外観)

デラックスホテルなら安心の日系、オークラ プレステージ バンコク(外観)

画像: オークラ プレステージ バンコク (スイミングプール)

オークラ プレステージ バンコク (スイミングプール)

画像: オークラ プレステージ バンコク(客室・デラックス)

オークラ プレステージ バンコク(客室・デラックス)

タイは日本よりも物価が安いので、ホテルもリーズナブル。少し奮発すれば、日本では気後れするようなデラックスホテルにだって宿泊できます。そしてバンコクでマッサージといえば「タイ古式マッサージ」。特に日本人観光客が多く訪れるシーロム地区には、日本語の名前のお店もあるほどです。ゴルフの後は、マッサージ&スパで疲れた体をゆっくり癒せば、次の日のゴルフも快適ですね。

初の海外ゴルフ旅なら、ウェアも新調して!

画像: コメクエスト レギュラーカラーポロ(色:サックス)9180 円(税込)

コメクエスト レギュラーカラーポロ(色:サックス)9180 円(税込)

小樽発のブランド「コメクエスト」の半袖ポロ。汗をかいてもベタつかないクイックドライ素材なので、涼しげに着こなせます。

画像: Bolle RYDER CUP限定 6th SENSEサングラス 2万5380円(税込)

Bolle RYDER CUP限定 6th SENSEサングラス 2万5380円(税込)

緑のコンストラクトを強調し芝目を読みやすくする、ゴルフ専用レンズ。紫外線量で色の濃さが変わる調光レンズなので天気と時間を選びません。

この商品の詳細、お買い求めはこちら

このツアーの詳細はこちら

This article is a sponsored article by
''.