2020年3月11日~3月15日 5日間 成田・中部・関空発着 添乗員同行 1名様より受付
世界遺産でおなじみのアンコール・ワットは、世界有数のサンライズスポットでもあります。また、カンボジアは知る人ぞ知るゴルフパラダイス。素晴らしいゴルフ場と世界遺産を巡る贅沢なツアーです。
[ツアーコード G-11039 カンボジア世界遺産とゴルフの旅 5日間]

お問い合わせはこちら

スケジュール

2020年3月11日(水)~3月15日(日) 5日間

1日目 3/11
午前、成田・中部・関空発 ✈ 午後、ホーチミン/ハノイ着
各自にてお乗り継ぎ、シェムリアップへ ✈
専用車(日本語ガイド付き)がホテルへご案内
シェムリアップ泊
2日目 3/12
日本語ガイドがゴルフ場へご案内
アジアンツアー開催のポキットラー・カントリークラブにて18Hプレー
プレー後、 世界遺産アンコール・ワット観光(第3回廊を除く)
夕食はクメール料理をご賞味ください
シェムリアップ泊
3日目 3/13
日本語ガイドがゴルフ場へご案内
シェムリアップ・ブーヤンカントリークラブにて18Hプレー
プレー後、 世界遺産アンコール・トム観光(バイヨン寺院、南大門、象のテラス等)とオールドマーケット観光
シェムリアップ泊
4日目 3/14
ホテルチェックアウト後、送迎車(日本語ガイド付き)がゴルフ場へご案内
別途追加料金にてレイトチェックアウト手配可能
ニック・ファルド設計のアンコール・ゴルフリゾートにて18Hプレー
夕刻、日本語ガイドが空港へご案内
夕刻~夜、シェムリアップ発 ✈ ホーチミン/ハノイへ。各自にてお乗り継ぎ
*現地出発時間は日本帰着日の未明となりますが、便宜上「機内泊」としております
機内泊
5日目 3/15
深夜、ホーチミン/ハノイ発 ✈
成田・中部・関空着

旅行代金

航空便クラス/発着地成田・中部・関空
エコノミークラス289,000
1名1室利用追加代金48,000
1室2名利用時の1名様代金 (単位:円)

*空港諸税、燃油サーチャージが別途必要となります。
成田空港施設使用料・成田空港旅客保安サービス料2,660円
関西国際空港施設使用料・関西国際空港旅客保安サービス料3,100円
中部国際空港施設使用料2,570円 
国際観光旅客税1,000円
現地空港税目安3,220円
燃油サーチャージ 12,960円(2019年10月現在)
*ゴルフ代金にはグリーンフィ、キャディフィ、カートフィ、送迎代が含まれます。
*2名プレーの場合は他のお客様とのジョイントプレーになる場合があります。
*カンボジア入国に際し、ビザが必要です。(有料)
*ビジネスクラスはお問い合わせください。

旅行条件

2020年3月11日(水)~3月15日(日) 5日間

最少催行人員12名
食事条件朝食3回、夕食1回付
添乗員いずれかの発着地、または現地より同行しお世話致します。
利用航空会社ベトナム航空 *ベトナム航空エコノミークラスは事前の座席指定不可
利用ホテルソフィテル・アンコールポキットラーゴルフ&スパリゾート(部屋指定なし)

旅行代金に含まれるもの・含まれないもの

旅行代金に含まれるもの

  • 日程に明記した往復の航空運賃(エコノミークラスご利用)
  • 日程に明示した宿泊の代金及び税、サービス料金
  • 日程に明記した送迎代金
  • 旅行条件に記載の食事代
  • 日程に明記したゴルフプレー代金(グリーンフィ・カートフィ・キャディフィ)
  • 日程に明示した観光代
  • 添乗員費用

旅行代金に含まれないもの

  • 超過手荷物料金(航空会社チェックインバゲージに対して、規定の重量を超えた場合)
  • クリーニング代、電報、電話料、その他個人的性質の諸費用及びサービス料
  • 傷害、疾病による医療費
  • 渡航手続き費用、旅券印紙代、渡航手続き手数料、出入国記録書類、旅券申請書類、査証(VISA)作成代行費用
  • 1名1室利用追加代金
  • 延泊代金
  • 海外旅行傷害保険料(任意保険)
  • 空港諸税(別途料金記載/事前徴収)
  • レンタルクラブ、レンタルシューズ、練習場におけるボール代
  • オプショナル代金
  • 各種チップ
  • 旅行代金に含まれるものに明記されていないもの

その他ご案内・注意事項

*カンボジア入国に際し、ビザが必要です。(有料)

取消料・旅行条件について確認
個人情報について確認

世界遺産観光とゴルフを1日で満喫できます

シェムリアップでは遺跡とゴルフ場が近くに位置しているので、1日でゴルフと世界遺産観光の両方を楽しむことができます。ゴルフはキャディ付き、カート利用のスループレーです。

シェムリアップ・ブーヤン・カントリークラブ

アンコール王朝最古の寺院がある「ロリュオス遺跡群」の近くにあるトーナメントコース。コース設計は、国内で「Jクラシックゴルフクラブ」(徳島県)など27コース、海外で「テンプラーパークカントリークラブ」(マレーシア)など11コースを手掛けた佐藤謙太郎氏です。

画像: シェムリアップ・ブーヤンカントリークラブ

シェムリアップ・ブーヤンカントリークラブ

アンコール・ゴルフリゾート

ニック・ファルド監修のリゾートコース。市内から20分と便利なロケーションにありながらも、池と水路とココナツヤシでセパレートされた雄大な18ホールです。

画像: アンコール・ゴルフリゾート

アンコール・ゴルフリゾート

トーナメントコースのポキットラー・カントリークラブ

アジアンツアーを開催しているトーナメントコースで、メンテナンスの良さにも定評があります。アンジュレーションのあるグリーン、多数のウォーターハザードなど気の抜けないレイアウトですが、その景観の美しさはカンボジアのゴルフを深く印象付けるでしょう。

画像: ポキットラー・カントリークラブ

ポキットラー・カントリークラブ

アジア最大の世界文化遺産

アンコール遺跡群には大小600 以上の遺跡があり、世界文化遺産に登録されています。中でも有名な「アンコール・ワット」は、12世紀に建てられたヒンズー教の寺院で、クメール建築の傑作と言われています。

アンコール・トムはアンコール朝が最も栄華を極めた時代に造営。総面積が9000haという広大な敷地内に見どころが集まり、特に中央にあるバイヨンは、穏やかな微笑の観世音菩薩で有名です。

お問い合わせ

お問い合わせ方法を下のボタンから選んでタップください。
お電話の場合、ツアー番号「G-11039 カンボジア世界遺産とゴルフの旅 5日間」を担当者へお伝えください。

※電話受け付時間:月~金(祝日除く)09:15-17:30

This article is a sponsored article by
''.