2019年6月~9月 7日間 成田発着 2名様より受付
カリブ海に面したユカタン半島のビーチリゾート都市「カンクン」。海沿いのホテルゾーンの中でも最も広いビーチを持つ「ハイアット・ジラーラ・カンクン(Hyatt Zilara Cancun)」。客室は全室オーシャンビュー、全客室内ジェットバス付のラグジュアリースイートで、広いバルコニーからはカリブ海の素晴らしい景観が広がります。国際色豊かな7つのレストランや日本語スタッフが常駐しているのも嬉しいポイント。ゴルフは、J・ニクラスとG・ノーマン設計の2つの名コースでプレー、滞在中は「オールインクルーシブ」、贅沢な大人の7日間です。
[ツアーコードF-10244]

お問い合わせはこちら

スケジュール

1日目
アエロメヒコ航空57便にて15:25成田発 ✈ メキシコシティ乗継ぎにてカンクンへ
==== 日付変更線通過 ====
19:0~20:00頃カンクン着。専用車にてホテルへ(約30分)
カンクン泊
2日目
専用車にてゴルフ場へ(約40分)
グレッグ・ノーマン設計のプラヤ・ムヘーレスゴルフクラブにて18Hプレー〈セルフ・カート利用〉 
カンクン泊
3日目
終日自由行動
オプショナル チチェンイツァ遺跡観光やゴルフなどアレンジ可
カンクン泊
4日目
専用車にてゴルフ場へ(約30分)
ジャック・ニクラス設計のムーンパレスゴルフ&スパリゾートにて18Hプレー〈セルフ・カート利用〉 
カンクン泊
5日目
出発まで自由行動。ホテルチェックアウトは12時
18:00頃、専用車にて、カンクン空港へ(約30分)
21:00頃カンクン発 ✈ メキシコシティ乗継ぎ
6日目
アエロメヒコ航空58便にてメキシコシティ00:15発 ✈
==== 日付変更線通過 ====
機内泊
7日目
06:20成田着

旅行代金

出発日/発着地成田
6/1~7/18,8/25~9/11,9/22~9/30486,000
8/14~8/16498,000
7/19~8/8504,000
8/13,8/17~8/24,9/12,9/13,9/15~9/20517,000
8/9~8/12,9/14,9/21560,000
エコノミークラス 1室2名利用時の1名様代金 (単位:円)

*空港諸税、燃油サーチャージが別途必要となります。
成田空港施設使用料・旅客保安サービス料2,610円
国際観光旅客税1,000円
現地空港諸税目安5,970円
燃油サーチャージ14,000円(2019年4月現在)
*ゴルフ料金にはグリーンフィ、カートフィ、送迎代が含まれます。
*本旅行はお申込み頂いてから手配致します。

旅行条件

最少催行人員2名
食事条件朝食4回、昼食3回、夕食4回付(オールインクルーシブ)
添乗員同行しません
現地契約会社係員がお世話致します
利用航空会社アエロメヒコ航空
利用ホテルハイアット ジラーラ カンクン(オーシャンビュー・ジュニアスイート)
*18歳未満のお客様はご宿泊できません。

旅行代金に含まれるもの・含まれないもの

旅行代金に含まれるもの

  • 日程に明記した航空運賃
  • 日程に明記した宿泊代金
  • 日程に明記したゴルフプレー代金(グリーンフィ、カートフィ)
  • 日程に明記した送迎代金
  • 現地係員費用

旅行代金に含まれないもの

  • 超過手荷物代金(航空会社チェックインバゲージに対して、規定の重量を超えた場合)
  • クリーニング、電報、電話代、その他個人的性質の諸費用及びサービス料
  • 傷害、疾病に関する医療費
  • 各種チップ
  • 空港諸税、燃油サーチャージ(別途料金記載、事前徴収)
  • 海外旅行損害保険(任意保険)

その他ご案内・注意事項

取消料・旅行条件について確認
個人情報について確認

オールインクルーシブで過ごす「ハイアット ジラーラ カンクン」。滞在資格は18歳以上

カンクンの「ゾーナ ホテレラ (ホテル ゾーン)」ビーチで、最も広い部分に位置する「ハイアット ジラーラ カンクン」は、カリブ海沿いの落ちついた雰囲気のなかで、メキシコの伝統文化にも触れられる、大人限定(滞在資格18歳以上)のオールインクルーシブ リゾートです。

画像: オールインクルーシブで過ごす「ハイアット ジラーラ カンクン」。滞在資格は18歳以上

【オールインクルーシブとは】
カリブ海のリゾートが発祥の料金体系で、「all-inclusive = すべて含まれる」という意味。リゾート内のほとんどのものが料金に含まれているため、目についたもの、気になったものはなんでも気軽にトライすることができ、気に入ったら何度でも心行くまで楽しめます。料金を気にせずのびのび過ごすことができるのが、オールインクルーシブの魅力です。

カリブ海の絶景コース「プラヤ・ムヘーレスGC」、G・ノーマン設計

カンクンは、2010年度よりPGAツアー「マヤコバ・クラシック(2018年はM・クーチャー優勝)」が開催されるなど、ゴルフリゾートとしても急速に発展しています。年々コースが増え、現在では開場予定コースを入れると14コースあります。

今回の旅行で最初にプレーする「プラヤ・ムヘーレスGC」は、起伏の少ない立地に碧く大きな池、白砂のビーチバンカーなど、趣向を凝らしたホールが続き、ビギナーからシングルクラスまで、どのレベルのでも楽めるレイアウトです。

画像: グレッグ・ノーマン設計、18H・7218Y・P72

グレッグ・ノーマン設計、18H・7218Y・P72

画像: 14番ホール(446Y・P4)右にはビーチバンカー、左はウェイストエリア、縦長の砲台グリーン

14番ホール(446Y・P4)右にはビーチバンカー、左はウェイストエリア、縦長の砲台グリーン

画像: メキシコのコロニアル都市に見られるカラフルな色彩のクラブハウス

メキシコのコロニアル都市に見られるカラフルな色彩のクラブハウス

J・ニクラスシグネチャー設計「ムーンパレスゴルフクラブ」

4日目にプレー予定の「ムーンパレスゴルフクラブ」は、J・ニクラスシグネチャー設計で開場は2002年。ニクラス設計らしい戦略性の高さと、マングローブとの生態学的調和をコンセプトにしたユニークな27ホール(ムーンコース・デューンコース・レイクコース)です。ムーンとレイクの18ホールは7291ヤード、バンカーも144個あり、難易度も一流です。

画像: マングローブの中を進む「ムーンパレスゴルフクラブ」

マングローブの中を進む「ムーンパレスゴルフクラブ」

マングローブと共存したコースでは、水鳥はもちろん、ワニなど多種多様の野生動物を見かけることもあるといいます。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ方法を下のボタンから選んでタップください。
お電話の場合、ツアー番号「G-10244 カンクン7日間」を担当者へお伝えください。

This article is a sponsored article by
''.