2019年5月26日~5月28日 羽田・中部・関空・伊丹発着 添乗員同行 1名様より受付
新緑の北海道で、「札幌ゴルフ倶楽部 由仁コース」、「ニドムクラシック」「桂ゴルフ倶楽部」を回る3日間の旅。「由仁」の設計は井上誠一、「桂」はR・T・ジョーンズJr、「ニドム」は道内で8コースの設計を手掛けた菅谷直。設計家やコンセプトによって、どんな違いが生まれるのか、コース設計目線でプレーするのも旅の興です。
[ツアーコード G-10453 新緑の北海道3日間]

お問い合わせはこちら

スケジュール

2019年5月26日(日)~5月28日(火) 3日間

1日目 5/26
羽田・中部・関空・伊丹発 ✈ 新千歳着
送迎車にてゴルフ場へ。
札幌ゴルフ倶楽部 由仁コースにて18Hプレー
<キャディ付き・乗用カート利用>
送迎車にてホテルへ。
イビススタイルズ札幌 泊
2日目 5/27
送迎車にてゴルフ場へ。
ニドムクラシックコース ニスパコースにて18Hプレー
<キャディ付き・乗用カート利用>
送迎車にてホテルへ。
イビススタイルズ札幌 泊
3日目 5/28
送迎車にてゴルフ場へ。
桂ゴルフ倶楽部にて18Hプレー
<キャディ付き・歩き>
送迎車にて空港へ。
新千歳発 ✈ 伊丹・関空・中部・羽田着

*乗用カートは天候やコースコンディションによりご利用できない場合もございます。桂ゴルフ倶楽部は、オプション(有料)で2名乗りカートの手配が可能です。台数に限りがございますので、ご希望されるお客様は、お申込時にお問い合わせください。

旅行代金

2019年5月26日(日)~5月28日(火) 3日間

羽田発着中部発着関空・伊丹発着
150,000173,000169,000
1名1室利用追加代金7,000
1室2名利用時の1名様代金 (単位:円)

*1名参加のお客様は、相部屋不可、1名1室利用追加代金が必要です。

旅行代金に含まれるもの・含まれないもの

旅行代金に含まれるもの

  • 日程に記載の往復航空運賃(普通席利用)
  • 旅行条件に記載の宿泊費・食事代/但し朝食はボックスとなる事もございます
  • 日程に記載のゴルフプレー代(グリーンフィ・利用税・諸経費・キャディフィ・カートフィ・ロッカーフィ/但しカートが利用できないコースもあります)
  • 日程に記載の送迎代(但し一部ホテルまたはゴルフ場送迎車の利用もあります)
  • 旅行代金の消費税
  • 添乗員または現地係員費用

旅行代金に含まれないもの

  • 1名1室利用代金
  • 所定の食事以外の飲食代
  • 個人的費用
  • 追加ラウンド代
  • 上記含まれるものに明記していないもの

その他ご案内・注意事項

取消料・旅行条件について確認
個人情報について確認

初日は「札幌ゴルフ倶楽部由仁コース」。井上誠一設計の2グリーン

北海道の井上誠一設計コースはわずか3つ。1958年開場の「札幌GC輪厚C」、1965年の「室蘭GC白鳥C」に続き、1975年、3つ目のコースとして造られました。

設計家としての成熟期を迎えた時期で、原地形を活かしながら、ホールデザインに芸術性を取り入れたとされます。直線ではなく、自然界にある「曲線」を活かした、しなやかなラインのホールが多く見られます。オリジナルのままの2グリーンで、AグリーンとBグリーンで、まったく別の攻略ルートになるホールも多くあります。

画像: 1番 P4 Aグリーンは正面へ真っすぐ、Bグリーンは右へドッグレッグ

1番 P4 Aグリーンは正面へ真っすぐ、Bグリーンは右へドッグレッグ

さらに、日射しの向きとホールの映え方にもこだわったとされます。スタートホールから最終ホールまで、そういった視点でプレーしてみると、違った味わいが出るかもしれません。

画像: 由仁はオリジナルのままの2グリーンコース(9番のA、Bグリーン)

由仁はオリジナルのままの2グリーンコース(9番のA、Bグリーン)

画像: 10番 P4 広いフェアウェイのインのスタート、2打目からは打ち下ろし

10番 P4 広いフェアウェイのインのスタート、2打目からは打ち下ろし

2日目は「ニドムクラシック ニスパコース」

菅谷直は北海道で1963年の「釧路CC」を皮切りに、「札幌国際CC島松C」「稚内CC」など、北海道で8つのコースを設計しています。「ニドムクラシックコース」はその最後の作品、開場は1987年。

自然のなかのゴルフが魅力の北海道にあって、とくに大自然が堪能できるのが「ニドムクラシック」と言われます。針葉樹の深い森、そこに流れる清流と湖、そのなかを縫うように進むコースレイアウトが特徴です。今回はニドムの「ニスパコース」でのプレーです。

画像: ニスパ1番  561Y  P5  ゆるやかに左へカーブ、セカンドからは打ち上げ

ニスパ1番 561Y P5 ゆるやかに左へカーブ、セカンドからは打ち上げ

画像: ニスパ3番  420Y  P4 打ち下ろし、右サイドの林はトラブルになりやすい

ニスパ3番 420Y P4 打ち下ろし、右サイドの林はトラブルになりやすい

画像: ニスパ15番 561Y P5 グリーンは2段グリーン

ニスパ15番 561Y P5 グリーンは2段グリーン

3日目の「桂ゴルフ倶楽部」はR・T・ジョーンズJr設計

「桂ゴルフ倶楽部」の開場は1993年、ジョーンズJr自身の脂が乗り切った時期に造られたコースです。攻めるか守るか、行くか刻むか、コースマネジメントを存分に発揮させられる18ホールです。

1939年、名匠R・T・ジョーンズSrの長男として生まれ、設計学を学び、世界中で250以上のコースを手掛けてきました。「リスク&リワード(危険と報酬)」は代表的な設計コンセプトのひとつ。リスクがあるショットに挑戦した成功した者には報酬を、というもの。プロのトーナメントでは逆転のドラマが置きるドラマチックなホール設計です。

R・T・ジョーンズJrは、J・ニクラスと並ぶ、日本でも有名な外国人コースデザイナーです。「桂GC」をはじめ、兵庫県の「ゴールデンバレーゴルフ倶楽部」など国内に22コースを設計しています。

お問い合わせ

お問い合わせ方法を下のボタンから選んでタップください。
お電話の場合、ツアー番号「G-10453 新緑の北海道3日間」を担当者へお伝えください。

This article is a sponsored article by
''.