「奇跡の抜け」で人気を博す「三角ソールトライアングルアイアン(TRIPLE FLAT SOLE) 」に粗研磨モデルが登場。ソリッドに輝くビーズボロンメッキ仕上げに接近した!
画像: 【アイアン製作】木名瀬和重 トップアマとしても活躍中の腕利きクラフトマン。「クラブ工房キナセ」経営

【アイアン製作】木名瀬和重
トップアマとしても活躍中の腕利きクラフトマン。「クラブ工房キナセ」経営

画像: 【試打】日下部光隆プロ 歴代の「三角ソール」シリーズのアイアン、ウェッジを試打し、熟知。2019年シニアデビュー

【試打】日下部光隆プロ
歴代の「三角ソール」シリーズのアイアン、ウェッジを試打し、熟知。2019年シニアデビュー

抜けがいいからミスにも強い

日下部 普段、5番アイアンは使ってないけど、これならバッグに入れたくなるね」

今回試打してもらった日下部プロの第一声がそれだった。圧倒的は抜け感が魅力の三角ソールアイアンに粗研磨モデルが誕生。そもそも抜けがいいとどういうメリットがあるのか?

日下部 2打目はラフや傾斜などさまざまな状況で打たなければいけない。そこで最も怖いのが芝や地面に引っかかって軌道が変わることです。方向性はもちろん、距離感も狂うわけです。「抜け」がいいと、アイアンの距離感が良くなります。

画像: ソールが三角形に

ソールが三角形に

日下部 広いソール幅だと滑ってくれますが操作がしにくい。なので、細いソール幅で抜けのいいクラブは重宝するんです。 それに加えてこの三角ソールは、粗研磨だからスピンの効きも申し分なし。僕がバッグに入れたい理由はここにあります。

三角ソールトライアングルアイアン(TRIPLE FALT SOLE)“3つのこだわり”

1.それぞれに役割がちがう「トリプルフラットソール」

ヒールの面はインパクト前の地面の跳ねを抑制。リーディングエッジ部分の面はダフリに強く、トウ側の面はフォローでの抜けの良さを実現させる。

画像1: 三角ソールトライアングルアイアン(TRIPLE FALT SOLE)“3つのこだわり”

2.スピン性能が高まる粗研磨仕上げ

ザラっとした粗研磨仕上げは、フェース面の摩擦力を増し、強いスピンを生み出す。粗研磨を使うプロやトップアマが多いのもそれが理由。粗研磨でも、メッキ仕上げをしているので錆びない。

画像2: 三角ソールトライアングルアイアン(TRIPLE FALT SOLE)“3つのこだわり”

3.あえて面取りせずに、武骨な仕上がりに

バックフェースに刻まれた『PROTO』の文字が表すとおり、あえてエッジ部分の面取りをせずにプロトタイプらしい独特の趣を出している。

画像3: 三角ソールトライアングルアイアン(TRIPLE FALT SOLE)“3つのこだわり”

6本すべてが得意クラブになる

ロフトピッチやライ角は上級者からアベレージゴルファーまで対応できるセッティング。わずかなグースが包み込む安心感を生んでいる

画像1: 6本すべてが得意クラブになる
画像2: 6本すべてが得意クラブになる
画像3: 6本すべてが得意クラブになる

「アイアンが苦手な人こそ打ってほしい」(日下部プロ)

少しダフってもお構いなしに抜ける
「抜けがいいと安心して球の打ち分けもできます。特にフェードは抜けの良さがキモです」

画像1: 「アイアンが苦手な人こそ打ってほしい」(日下部プロ)

地面に引っかかりにくいリーディングエッジ
「フラットな三面ソールに加えてリーディングエッジもフラットだから地面に引っかかりにくい」

画像2: 「アイアンが苦手な人こそ打ってほしい」(日下部プロ)

PWはアプローチで武器になる
「アプローチでザックリ、なんてことも抜けのいい三角ソールならばミスが減ります」

画像3: 「アイアンが苦手な人こそ打ってほしい」(日下部プロ)

三角ソールトライアングルアイアン2の詳細&購入はこちら↓

ウェッジも加えたら鬼に金棒!
三角ソール&粗研磨仕様のウェッジも発売中。ショートゲームでもぜひ“奇跡の抜け”を体感して下さい。ロフト角48度~60度まで設定

画像4: 「アイアンが苦手な人こそ打ってほしい」(日下部プロ)

トライアングルウェッジ2の詳細&購入はこちら

ピッチ&ランが超やさしい! グランディスタの2020年新作ウェッジ

月刊GD2019年3月号より

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.