パットの練習器は数あれど「今回紹介するギアは究極です」と監修した横田英治プロは胸を張る。その名の通りパッティングのリズムが良くなるだけでなく、見過ごされがちなヘッドとボールの重心にも着目。短期間でパッティングの距離感と方向性が見違えるほど良くなるという、その理由とは?

打点の“上下のズレ”意識していますか?

画像: 横田英治プロ監修「KORG PuttRhythm(パットリズム)」

横田英治プロ監修「KORG PuttRhythm(パットリズム)」

非常に大事だけど、意外と意識されていないのが「上下の打点ブレです」と横田プロは力説する。

「左右は意識するんです。パターヘッドのラインとかあるので。でも上下って目印がまずないし、そもそも立体的にとらえている人が少ない。結果、フェースの上っ面で打っている人がとても多いんです。 上目で打ってしまうと、ボールが引っかかりやすい。それを嫌がって押し出す・・・いろんなミスにつながります」

そこで効果を発揮するのが、この「パットリズム」に施されたボール後方のバーだ。

「これを作る前は、生徒にボールの後ろに乾電池を置いて練習させてましたが、この1cmほどのバーによって、適正な高さをヘッドが通過する。自然と重心同士がぶつかるようになるので、安定した打球になるのです。 このほかにもメトロノームやゲートの機能もつかました。ぜひ効果を体感してください!」

機能11cmのバーによってパターとボールの重心がそろう

画像: 1cmのバーの上を通ると、ボールとパターの重心がそろう。こうして見ると結構パターヘッドは高い位置だということわかる。

1cmのバーの上を通ると、ボールとパターの重心がそろう。こうして見ると結構パターヘッドは高い位置だということわかる。

画像: ヘッドが低いと上っ面に当たる。ハンドファーストで打つ人はますます差が大きくなるので注意

ヘッドが低いと上っ面に当たる。ハンドファーストで打つ人はますます差が大きくなるので注意

ヘッドとボールの重心がそろうと、方向性も転がりもよくなる。そこで効果を発揮するのがボールの後ろの1センチほどのバー。強制的にヘッドが高めの位置を通り、重心同士が当たるので良質の転がりになる。

機能2打ち急ぐ人は「ゆっくり」なリズムを試そう

画像: 機能2 打ち急ぐ人は「ゆっくり」なリズムを試そう

メトロノームに合わせて素振りとストロークをしてリズムを整えられます。打ち急ぐ人は「ゆっくり」。大きく振りすぎる人は「速く」するなど、いろいろ試すことができます。

機能3
ゲートを見ながらストロークするだけで方向性が安定

画像: ボールより少し幅の広いゲートを意識して当たらないようにストローク

ボールより少し幅の広いゲートを意識して当たらないようにストローク

パットが苦手な人は、テークバックでヘッドを追いかけてしまう。結果的にストロークが乱れて方向性が悪くなる。意識は“フォロー”側に。ゲートを見ながら打つことで方向性が格段に良くなる

画像: ターゲットを意識してストロークするこで、方向性は格段によくなります

ターゲットを意識してストロークするこで、方向性は格段によくなります

画像: パットな苦手な人はテークバックでヘッドを追いかけてしまいがち。これでは結果的にストロークが乱れてしまいます

パットな苦手な人はテークバックでヘッドを追いかけてしまいがち。これでは結果的にストロークが乱れてしまいます

画像: ワンポイント ターゲットから弓をギューと引く意識を持ってストロークしましょう

ワンポイント
ターゲットから弓をギューと引く意識を持ってストロークしましょう

「最高に効果的な練習ギアです」by 横田英治プロ

画像: 【監修】横田英治プロ 江連忠の理論を継承し、ツアー経験に基づく独自のメソッドを組み合わせた指導で定評がある。ETGSエグゼクティブインストラクター

【監修】横田英治プロ
江連忠の理論を継承し、ツアー経験に基づく独自のメソッドを組み合わせた指導で定評がある。ETGSエグゼクティブインストラクター

画像: シリコンラバー製なので丈夫でフレキシブル。コンパクトサイズで持ち運びにも便利

シリコンラバー製なので丈夫でフレキシブル。コンパクトサイズで持ち運びにも便利

画像: 「最高に効果的な練習ギアです」by 横田英治プロ

KORGパットリズム
メーカー希望小売価格 8000円(税別)
テンポ範囲:20~80拍/分
電源:コイン型リチウム電池(CR2032)
電池寿命:約120時間(テンポ60、音量最大)
サイズ:297(W)×148(D)×15(H)mm
本体素材:シリコンラバー
重量:186g(電池含む)
付属品:動作確認用コイン型リチウム電池(CR2032)×1

ゴルフダイジェストのオンラインショップ「ゴルフポケット」で、特別価格で販売中!

月刊GD2019年8月号より

横田プロのレッスン合宿はこちらです↓

This article is a sponsored article by
''.