コロナの影響で自粛生活がつづき、運動不足を嘆く声は多い。自宅でのテレワークで一日の運動量は激減、練習場やゴルフ場へも行けないとなれば、なんとか自宅で効果的な練習ができないものか……。世を見渡せば、いい器具がちゃんとありました。マグレガーの超短尺アイアン「マックテックNV201 トレーニング7」です。

素振りはゴルフ上達の必須練習

素振りをするのは、練習場でボールを打つ前のウォーミングアップ程度。練習といえば、実際にボールを打ちながら、もう少しインサイドに上げてみようとか、軸を意識してみようなど、試行錯誤の繰り返し。そんなゴルファーも多いのではないでしょうか。

でも、ボールを打たない素振りだからこそ、ボールのゆくえを意識せず、自分のスウィングに集中できるもの。正しい体の使い方を体に覚え込ませるために、素振りは多くのスポーツで必須の練習とされ、その大切さは誰もが知るところ。

ステイホーム中は、
自宅素振りでスウィングを磨くいい機会!

画像: 自宅ではパター練習のみ。という方にも「室内素振り」がおすすめ

自宅ではパター練習のみ。という方にも「室内素振り」がおすすめ

自粛生活がつづく今こそ、自宅で自分のスウィングをチェックしてみるのはいかがでしょう。

「素振り」なら、自宅で思い立ったときいつでもできますし、思い切り体を動かせば、運動不足やストレスの解消にももってこい。

ただ室内でゴルフクラブを振り回すのは当然危険。室内で素振りをするなら、そのために作られた室内素振り専用のゴルフ練習器具、超短尺アイアンをおすすめします。

鏡を見ながらでもいいですが、スマホで動画を撮ってみるのもいいですね。憧れのプロのスウィングと比較してみるなど、本気で「素振り」すれば、きっと楽しく上達できるはず。

室内でマン振りできる、長さ55㎝の超短尺アイアン。
なのに重さは普通の7番アイアン

画像: こちらがマグレガーの「マックテックNV201 トレーニング7」。この面構えですが、

こちらがマグレガーの「マックテックNV201 トレーニング7」。この面構えですが、

画像: 長さはおよそ55センチと超短尺アイアン。UT用のヘッドカバーが付属します。新聞紙は比較用です

長さはおよそ55センチと超短尺アイアン。UT用のヘッドカバーが付属します。新聞紙は比較用です

室内素振りにおすすめ!
「マックテックNV201 トレーニング7」
価格  /5280円(税込)
長さ  /22㌅(約55㌢)
総重量 /455g
シャフト/NS950GH S (シャフト内に焼き砂を詰めて重量を調節)
グリップ/マックテックオリジナルコード入りラバー(M60・50g)
※マックテックUT6用ヘッドカバー付属

画像: 左が超短尺アイアン「マックテックNV021 トレーニング7」。右が普通の7番アイアン

左が超短尺アイアン「マックテックNV021 トレーニング7」。右が普通の7番アイアン

「マックテックNV201 トレーニング7」のメリット

人前で使うものではない、といっても、チープな練習器具ではテンションがあがらないことも。その点、このマグレガー「マックテックNV201トレーニング7」は、短いこと以外は重さも含め、普通のクラブと変わりません。

画像: 超短尺アイアンといえども作りは本格

超短尺アイアンといえども作りは本格

室内でフルスウィングできる!

見た目の通り、とても短いのでいつものようにスウィングしても自宅の天井に当たったりしません。また、この器具が短いからでしょうか、風切り音がとても小さいので、家族が寝たあとでも気がねなく振れます。

画像: 全長22インチと短くコンパクト

全長22インチと短くコンパクト

重さを感じながら振れるので、
手打ちが矯正できる

この練習器具は、短くても重さは普通の7番アイアン。ゆっくりクラブやヘッドの重さを感じながらスウィングすることで、手ではなく、体を使って振る感覚がつかめます。大きな筋肉を使ってスウィングできれば安定性が高まり、飛距離アップも期待できます。

画像: 実際にボールが打てるヘッド

実際にボールが打てるヘッド

ゴルフに必要な筋力が維持できる

運動しなければ筋力は自然と低下してしまうもの。自宅で空き時間にブンブンとスウィングするだけでも、しっかり体にスウィングの負荷をかけられるので、筋力の維持にもつながります。運動不足も解消されリフレッシュできるのもポイントです。

画像: グリップは、マックテックオリジナルコード入りラバー(M60・50g)

グリップは、マックテックオリジナルコード入りラバー(M60・50g)

フェースが近くにあるので、
フェース面を意識しやすい

これも大きなメリット。フェース面とグリップの距離が近いので、フェースと手元の一体感を感じやすく、スウィング中にフェースがどこを向いているかが掴みやすいです。フェース面を意識しながら振ることで、フェースローテーションが確認できます。

画像: 構えてみるとこんな感じ。普段のアドレスと違和感がありません

構えてみるとこんな感じ。普段のアドレスと違和感がありません

みんなのゴルフダイジェストの
プロゴルファー・中村修おすすめ練習法
「ひざ立ちでスリークオーター素振り」

この練習器具のポイントは重量が本物のアイアンと変わらない点。普通に素振りするのもいいですが、ぜひおすすめしたいのが、ひざ立ちでの素振りです。

インパクトでマットや絨毯などをこするように振りますが、下半身が使えないので、上半身の回転で振ることになります。

ですので、軸が右に傾けばダフってしまいますし、左に傾けばクラブが上手く振り抜けません。ひざ立ちで素振りすることで、上半身が正しい動きをしているかが確認できます。

軽いクラブでは手で操作できてしまいますが、このクラブは重さがあるので自然と体を使って振ることができます。

ひざ立ちで上半身の動きをつかんだら、普通に素振りするというように、交互に練習するのもとても効果的です。

ひざ立ちスウィングのメリットについては、こちらの記事もぜひ!

お買い求めや詳細は、
ゴルフダイジェストの公式通販サイト
「Gポケット」で!

この練習器具ですが、短尺アイアンとはいえ、家具やご家族など、ご自宅ではまわりに十分に気を付けてスウィングください!

画像: 3歳児が持つとこのくらい。ゴルフに興味を持つきっかけになってくれるかも…

3歳児が持つとこのくらい。ゴルフに興味を持つきっかけになってくれるかも… 

タイガーや松山と同じジャーマンステンレス製

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

90%のゴルファーを上達させた最新パット練習機

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.