大人気の"飛距離アップ素振り練習器具"「スーパースピードゴルフ」にニューモデルが登場。従来は「軽い・普通・重い」の3本セットだったが、最新モデルは1本のみ。新製品に潜んだヘッドスピードをアップさせる新しい進化とは?

2020年PGAショーで発表。
話題の練習器具「スーパースピードC」
いよいよ日本上陸!

画像: 飛距離アップ練習器具「スーパースピードC」

飛距離アップ練習器具「スーパースピードC」

画像: ヘッドスピードをアップさせたいならコレ!

ヘッドスピードをアップさせたいならコレ!

ゴルフに限らず、野球やテニスなどバットやラケットを使用する競技では、正しいスウィングを身につけるために「素振り」が重要であるとされる。

事実、ゴルフには多くの素振り用練習器具が出回っており、ざっと見渡しただけでも

スウィング中のクラブのしなりを体感できる
やわらかいシャフト系

体を使ったスウィングが身につく
ゴルフ用グリップの付いた重いバット系

スウィング軌道が確認しやすい
湾曲したシャフト系

フェース面を意識しやすい、
短尺系

など、さまざまなタイプが市販されている。ひとくちに"素振り"といっても、目的に合わせた練習器具を選ぶことが大切なのはいうまでもない。

今回紹介する「スーパースピードC」は、ヘッドの走りを体感できる飛ばしに特化したスピードアップ系の素振り練習器具だ。

ヘッドが走る感覚が身につく、
グリップエンドにカウンターウェイト(つり合い重り)を搭載

画像: グリップエンドの赤色部分に約100㌘のカウンターウェイトを内蔵

グリップエンドの赤色部分に約100㌘のカウンターウェイトを内蔵

スーパースピードCの最大の特徴は、グリップエンド(赤い部分)に約100gのウェイトを内蔵していること。

通常のゴルフクラブはヘッド部分が重く、グリップ部分が軽い。そのためクラブの重心はかなりヘッド寄りにある。

しかし、スーパースピードCはグリップに内蔵されたカウンターウェイトによって、クラブの重心がかなりグリップ寄りなっている。

その最大のメリットは、

「てこの原理で、正しいクラブの動きが身につく」ことにある。

グリップエンドが重いスーパースピードCは、普通に構えるだけで、右手が支点、左手が力点、ヘッドが作用点(右打ちの場合)となり、「てこの原理」が体感しやすい設計となっている。

つまり、グリップエンドの重さを感じながらスウィングするだけで、てこの原理でヘッドを走らせる感覚を養うことができるのだ。

しかもこれはヘッドスピードをアップさせるだけでなく、適切なタイミングで「てこ」が動くことで、ダウンスウィングでタメが早くほどけてしまう「アーリーリリース」の改善にも効果的。

素振りを繰り返すことで正しいスウィングが身につき、ヘッドスピードアップの効果が得られる、飛距離アップに直結する練習器具なのだ。

長さ・重量は一般的なドライバーとほぼ同じ

スーパースピードCの長さは45.5インチ(カウンターウェイトを入れると約46インチ)。

総重量は315g(内、カウンターウェイト100g)。

長さ・重量ともに、ほぼ一般的なドライバーと同じくらいとなっている。

画像: 先端部の重り。空気抵抗が小さく、シャープに振り抜ける

先端部の重り。空気抵抗が小さく、シャープに振り抜ける

理論上ドライバーのヘッドスピードが1m/sアップすると、飛距離は約5.8ヤードアップすると言われる。

ヘッドスピードをアップしたいゴルファーは、一度、スーパースピードCを手にしてみてはいかがだろう。

ヘッドスピードアップのために開発された素振り練習器具が、きっと期待に応えてくれるはずだ。

みんなのゴルフダイジェスト・中村修プロにスーパースピードCの効果的な使い方を聞いてみた↓

画像: 振るだけでヘッドスピードが上がる!話題の練習器具「スーパースピードC」どう使う? youtu.be

振るだけでヘッドスピードが上がる!話題の練習器具「スーパースピードC」どう使う?

youtu.be

武市悦宏プロのインプレッション動画はこちら!

画像: 残り100ヤードが10000回転(!?)でピタッ!みるみる距離感が合ってくる、グランディスタの超高重心「RS-Wブラックアウトウェッジ」50度・52度を吉田一尊プロが試打 youtu.be

残り100ヤードが10000回転(!?)でピタッ!みるみる距離感が合ってくる、グランディスタの超高重心「RS-Wブラックアウトウェッジ」50度・52度を吉田一尊プロが試打

youtu.be

お求めは、
ゴルフダイジェストの公式通販サイト
「Gポケット」で

This article is a sponsored article by
''.