自らクラブメーカー「グランディスタ」を手掛ける吉田一尊プロが、米国PGAをはじめ世界のトッププロが愛用する高級パター素材「ジャーマンステンレススチール」をつかった新作パターを製作したという。キーワードは「最高の打感と最高のやさしさ」。果たしてその全貌とは? 吉田プロにさっそく話を聞きました
画像: 【吉田一尊プロ】高校卒業後アメリカにゴルフ留学、帰国後JGTOツアープレーヤーとなりチャレンジツアー参戦。2004年ドラコン日本選手権5位、2005年3位、2006年4位。グランディスタ主宰

【吉田一尊プロ】高校卒業後アメリカにゴルフ留学、帰国後JGTOツアープレーヤーとなりチャレンジツアー参戦。2004年ドラコン日本選手権5位、2005年3位、2006年4位。グランディスタ主宰

ジャーマンステンレススチールならではの最高の打感
「グランディスタ ヘンドリクス パター」

画像: マレット型のやさしさを持つ、新しいピン型パター「グランディスタ ヘンドリクス パター」

マレット型のやさしさを持つ、新しいピン型パター「グランディスタ ヘンドリクス パター」

── 「ジャーマンステンレススチール」製のパターを製作されたと聞きましたが

吉田 はい。新作「グランディスタ ヘンドリクス パター」です。ジャーマンステンレススチールといえば、「最高の打感」で知られています。いろいろなパターをテストしてみましたが、この素材に勝る打感・打音はやっぱりありませんでした。

── そもそも「ジャーマンステンレススチール」とはどんな金属なんでしょうか。多くの世界的なトッププロのパターが「ジャーマンステンレススチール」製だと言われます。

吉田 「ジャーマンステンレス」という通りドイツ製のステンレスなんですが、パターに使うと打感が本当にいいんです。ただ値段がとても高価なので、どのゴルフメーカーでもポンポン作るわけにはいかないんですね。だから一部のプロしか使えない素材だったんです。

画像: フェース面には微細なミーリングが入る。ジャーマンステンレススチールの打感は「最高」の一言。

フェース面には微細なミーリングが入る。ジャーマンステンレススチールの打感は「最高」の一言。

── やはり打感や打音は違いますか?

吉田 違いますね。この打感と打音は本当に素晴らしいです。しっかりした感触と音で距離感が作りやすいというのもありますが、打つたびに「いい感触だなあ、いい音だなあ」といい気分でゴルフが出来るんですよね。やっぱり最高の素材です。

「最高の打感+最高のやさしさ」
距離感が合って、真っすぐ打てる!

画像: 構えた印象は、スクエアに構えやすい直線基調のシンプルなピン型パター

構えた印象は、スクエアに構えやすい直線基調のシンプルなピン型パター

── 形状はオーソドックスなピン型パターに見えますが

吉田 ジャーマンステンレススチールの「最高の打感」を多くの人に手にしてもらえるよう、「グランディスタ ヘンドリクス パター」では、「最高のやさしさ」をとことん追求しました。形状はピン型パターですが、イン・トウ・インのストロークではなく、まっすぐ引いて、まっすぐ出したい方にぴったりの性能です。

「最高のやさしさ」のポイント①
ヘッドのブレを防ぐ合計40gのウェイト

画像: 「最高のやさしさ」のポイント① ソールには20gのウェイトが2つ

「最高のやさしさ」のポイント① ソールには20gのウェイトが2つ

吉田 たとえばソールの両端につけた2つのウェイトです。ひとつ20グラムで合計40グラムのウェイトが付いています。ヘッドの慣性モーメントを大きくしたことで、フェースの開閉が抑えられ、よりストレートな軌道でボールをとらえやすくなっています。

── 従来のピン型パターより重くなっているんですね。確かに、手にしてみると大型マレット型のような重量感を感じます。

「最高のやさしさ」のポイント②
まっすぐ打ち出しやすいセミロングネック

画像: 「最高のやさしさ」のポイント② ストレートに打ち出しやすいセミロングネック

「最高のやさしさ」のポイント② ストレートに打ち出しやすいセミロングネック

吉田 また、ネックも多くのピン型パターよりも長く設計しています。ロングネックまではいきませんが、セミロングネックぐらいですね。こうすることで重心角が大きくなるので、よりストレートな軌道で打ち出しやすくなっています。

── まっすぐ引いて、まっすぐ出しやすい。まさにマレット的な性能ですね。

吉田 ピン型パターはカッコいいけど難しいと思われている方も多くいらっしゃいますが、「グランディスタ ヘンドリクス パター」は、形状はピン型でも、マレット型並みのやさしさに仕上げることができました。ここが大きなポイントですね。

「最高のやさしさ」のポイント③
"まっすぐ"を意識しやすいライン入り

画像: 「最高のやさしさ」のポイント③ "まっすぐ"を意識しやすいライン入り

吉田 「グランディスタ ヘンドリクス パター」には、上部に赤いラインを入れました。ラインではなく「・(ドット)」を入れているプロもいますが、ラインがあったほうが狙ったラインに沿って構えやすく、まっすぐストロークしやすいと思います。

「最高のやさしさ」のポイント④
グリップにはスーパーストロークを採用

画像: 「最高のやさしさ」のポイント④ グリップにはスーパーストロークを採用

── グリップも、多くのピン型パターに装着されている細めのピストルグリップではありせんね。

吉田 細いグリップはショットに近い感覚で打つことができますが、「グランディスタ ヘンドリクス パター」には、それよりも太いスーパーストロークの「クロー(CLAW)2.0」を選びました。手先で操作しにくくなるので、よりオートマチックに打てるはずです。スクエアとピストルが融合したような形状でとても握りやすいですよ。

「最高のやさしさ」は、
ショートパットで威力を発揮

── ピン型パターは、いわゆる入れ頃外し頃のショートパットが難しく感じてしまいますが。

吉田 マレット型パターのようにストレートに動かしやすいという特徴が生きるのは、特にショートパットです。特に1メートルくらいは真っすぐ狙っていきたいパットですが、そんなときこそ、ストレートに動かしやすい「グランディスタ ヘンドリクス パター」の安心感を強く感じてもらえると思います。

── ピン型のほうがロングパットでは距離感が出しやすいけど、ショートパットをやさしく打ちたくてマレット型を選んでいる方も多いと思います。そんな人にもぴったりのパターですね。

吉田 大型マレットと遜色ない結果が出せるはずですよ。

パターカバーはブラックで統一

画像: 黒一色の付属ヘッドカバー

黒一色の付属ヘッドカバー

独占先行販売開始!
「グランディスタ ヘンドリクス パター」のお求めは、
ゴルフダイジェストの公式通販サイト「Gポケット」で!

世界のトッププロに愛される「最高の打感と打音」。

大型マレットパターと比べても遜色ない「最高のやさしさ」。

最高級のパター素材「ジャーマンステンレススチール」で作られた、これまでになかった新しいピン型パター「グランディスタ ヘンドリクス パター」。

詳しいスペックや価格は下記のゴルフダイジェストの公式通販サイト「ゴルフポケット」でご覧ください!

気になる打音はこちらでチェック!
吉田プロによる試打動画はこちら

画像: 最高の打感+最高のやさしさ!ジャーマンステンレススチール製「グランディスタ ヘンドリクス パター」の実力は? www.youtube.com

最高の打感+最高のやさしさ!ジャーマンステンレススチール製「グランディスタ ヘンドリクス パター」の実力は?

www.youtube.com

「ジャーマンステンレススチール」について詳しくはこちら

This article is a sponsored article by
''.