練習器具に定評のある「Lynx」の素振り用アイテムの中から、おすすめアイテムをご紹介する本企画。今回取り上げるのは破格の重さが特長の「GGマッチョ」です。その名の通り重い。とにかく重いです。総重量は約1.7キロですが、ゴルフクラブのような細長い形状とあいまって体感重量はそれ以上。ストレッチ効果、体幹のパワーアップ効果も破格。「マッチョ」の名はダテじゃありません!

上達を目指すなら
まずは振れる体づくりから

近頃、体が回らなくなってきた・・・
フィニッシュのバランスが悪い・・・
手打ちを直したい・・・
そんなお悩みを解決してくれるのがコチラ、リンクスの「GGマッチョ」。

画像: リンクス「GGマッチョ」

リンクス「GGマッチョ」

ゆっくりスウィングするだけで、ストレッチ効果は抜群。体の可動域を広げ、体幹を鍛えてくれる、おすすめ練習器具です。

ちなみに、「GGマッチョ」の「GG」は「GORI GORI(ゴリゴリ)」の頭文字だそう。

重量約1.7キロ。
GORI GORI(ゴリゴリ)マッチョで
可動域を広げ、体感を鍛え上げよう

画像: 先端のラバーウェイトで遠心力を感じながらゆったりスウィングできます。

先端のラバーウェイトで遠心力を感じながらゆったりスウィングできます。

リンクスの練習器具「GGマッチョ」。

見た目は先端にウェイトがついた、よくある素振り用練習器具ですが、これがとにかく重いんです。

全長は43.5インチと一般的なドライバーより少し短いくらいですが、

メーカー自ら「この重さハンパない」と謳うだけあって、手にしたときの重量感は圧倒的。

総重量は約1.7キロほどですが、ゴルフクラブのような細長い形状だけに、実際には総重量よりもはるかに重さを感じます。

画像: 約1.7キロと素振り練習器具としては別格の重さ

約1.7キロと素振り練習器具としては別格の重さ

ちなみに、
一般的なドライバーの総重量は約270~330g。
野球のバットが900gほど、練習用の思いマスコットバットでも1100g~1300gほどなんだとか。
スウィングするものとして約1.7キロはかなりの重さと言えますね。

なぜこんなに重いのか?

それは「GGマッチョ」は先端だけが重いわけではなく、カーボンシャフトのように見えるシャフト部分がスチール製で、しかも空洞になっていない、ほぼ鉄筋のような素材を使っているためだそう。

画像: 鉄筋のように中身の詰まった鉄製シャフトも重いです。

鉄筋のように中身の詰まった鉄製シャフトも重いです。

先端のラバーウェイトの効果で、遠心力を感じながらスウィングすることができますが、これはとても速く振れるような代物ではありません。

商品のパッケージにはさらに「あなたはコレを振ることができるだろうか?」と挑戦的なフレーズがかかれていますが、それも納得の重さです。

「GGマッチョ」でスウィングストレッチ
まずは、無理せずゆっくりと

画像: 「GGマッチョ」でスウィングストレッチ まずは、無理せずゆっくりと

「GGマッチョ」は、ブンブン振ってヘッドスピードを上げるような練習器具ではありません。

ゆっくり動かすことで手首や前腕の筋肉をストレッチしたり、重さを効果的に使うことで体の可動域を広げ、スウィングアークを少しずつ大きくするのに効果的な練習器具です。

重さに慣れてきたら、小さいスウィングから少しずつ大きくスウィングしてみましょう。

手先で動かすことは不可能な重さなので、否が応でもしっかり体幹を使ったスウィングを身につけることができます。

スウィングの特効薬というより、日々続けることで効果が出てくるタイプの練習器具。

グッと重くなりますが、キャディバッグに入れて練習場へも持っていきやすいサイズです。

リンクス「GGマッチョ」
長さ:43.5インチ
重さ:1.7キログラム
素材:先端/ラバー、シャフト/スチール
グリップ:オリジナルラバー

みんなのゴルフダイジェスト
中村修プロのインプレッション!

ヘッドスピードを上げたいというのは、誰しもがもつ願いですね。

リンクスの「ティーチングプロ III」シリーズの「GGマッチョ」、早速試してみました。

画像: 【素振り練習器具】 約1.7キロの超重量級。振れる体を作るなら「GGマッチョ」で可動域を広げるスウィングストレッチ!

1.7キロあるということで、これは重いです。長さもありますし、より重く感じます。

速くは振れないので、重さを感じながらゆっくり振っていきますが、筋肉が気持ちよく引き延ばされていく感覚でストレッチ効果が高いですね。

とても重いので、体を使って始動する感覚もつかみやすいです。

体が硬くなってきたと感じている方には特にいいと思います(中村プロ)

お求めはゴルフダイジェストの公式通販サイト「Gポケット」で!

This article is a sponsored article by
''.