ゴルフ会員権に興味をもったらコレ、ゴルフダイジェスト会員権サービス部の「はじめてのホームコース」シリーズ。第3話は「同じクラブの会員権にも種類がある」です。

正会員は全日、平日会員は月~金のメンバー

同じゴルフコースの会員権にも登録の仕方で「個人」「法人」の2種類があり、さらに「正会員」「平日会員」に分かれている場合が多くあります。

「個人」は、入会した個人の登録で、もちろん記名式。「法人」は会社が接待や財産用として所有し、記名式と無記名式がありますが、今は登録人(プレーできる人)を決めた記名式がほとんどです。コースによっては、上場している企業など「法人」に条件をつけているケースもあります。

画像: 平日会員証と正会員証

平日会員証と正会員証

「正会員」は、全日(平日、土日、祝日に関係なく)メンバーフィでプレーすることができ、月例会などすべてのクラブ競技に参加できます。主に週末プレーするゴルファーや、競技目的ならこちらがオススメ。

「平日会員」は、「週日会員」などと呼ばれることもあります。土曜日もプレー可能なクラブもありますが、基本的には月曜日から金曜日までの平日限定。よって日曜日に開催される月例競技には参加できませんが、平日杯などの平日競技を設定しているコースもあります。

また、正会員権と比べて年会費や入会費用が少なくて済むのがメリット。平日に休むことができる自営業の方やリタイアして時間にゆとりのあるゴルファーに人気があります。

【個人会員】と【法人会員】、登録内容による違い

個人で登録・記名する「個人会員」のほかに、会社で登録・所有する「法人会員」があります。法人会員権は、記名式と無記名式がありますが、最近はほとんどが記名式。プレーする役員や従業員を記名者として登録します。法人会員がその記名者を変更する場合、個人会員の名義書替料より安くできる場合が多く、それがメリットのひとつ。

プレー日による違い【正会員】と【平日会員】

正会員は、いつでもメンバー料金にてプレーが可能で、月例会などすべてのクラブ競技会に参加可能。平日会員は、基本的に月曜~金曜の平日のプレーが可能。また、コースによっては土曜日もプレー可能な平日会員権もあります。

知っ得・会員権「会員権の購入に入会条件はあるの?」

入会にあたり誓約という形で会則に従うことやプレーマナーの厳守という項目の他に、コースによっては年齢制限や推薦保証人、他コースヘの所属などが必要な場合がある。

会員権ピックアップ情報

常磐道・水戸ICから15分、サザンヤードCCが新規正会員を募集
自然の地形と樹木を充分に活かした戦略性に富むコースが正会員募集中。募集金額45万円(税別)
※新規募集のため預託金なし、入会金のみ/年会費3万円(税別)

画像: サザンヤードカントリークラブ(茨城県東茨城郡城里町下古内776)18H・7017Y・P72

サザンヤードカントリークラブ(茨城県東茨城郡城里町下古内776)18H・7017Y・P72

サザンヤードCCの「ゴルフ場身体検査」はこちら↓

会員権・お問い合わせ

お問い合わせ方法を下のボタンから選んでタップください。

ゴルフ会員権のお問い合わせは、取引実績57年、成約件数10万件以上をお手伝い してきたゴルフダイジェスト社会員権サービス部にお任せください。

「はじめてのホームコース」バックナンバー↓

This article is a sponsored article by
''.