「1年のうち300日が晴れ」と言われる、南仏プロヴァンス地方。恵まれた気候と豊かな自然からワインやオリーブオイルの産地として名高く、質素で美しい街並みや暮らしに引かれ、多くの芸術家が移り住んだことでも知られています。そして、そんな南仏でひときわ輝くゴルフコースがありました。

コースがあるのは、世界的ベストセラー「南仏プロヴァンスの12か月」の舞台

1990年代、英米で100万部を超える大ベストセラーとなり、南仏プロヴァンスを世界的に有名にしたピーター・メイルのエッセイ「南仏プロヴァンスの12ヵ月」の舞台。

オリーヴが繁り、ラヴェンダーが薫る、四季折々の自然。多彩な料理とワインに彩られた豊かな食文化。素朴で個性的な人びととの交流……。

プロヴァンスは、ピカソやシャガールが暮らしていたことでも有名です。

カンヌやニースにも近い、プロヴァンスの土地に佇む5つ星リゾートホテル「Terre Blanche Hotel Spa Golf Resort」にあるゴルフコースが、「テールブランシュ ・ル・シャトゥ ゴルフコース」と「テールブランシュ ・ル・リオウ ゴルフコース」の36ホールです。

画像: ホテルから見渡せる南プロバンスの景色

ホテルから見渡せる南プロバンスの景色

ユーロのトップ100ゴルフコース上位に入る

「ル・シャトウ」と「ル・リオウ」の2つのコースは、どちらも18ホールのチャンピオンシップコースで、トレーニングセンターなども併設されています。欧州で活躍したプロゴルファー、引退後にコース設計家となったデイブ・トーマスによるもの。

画像: テールブランシュ・ル・シャトウゴルフコース

テールブランシュ・ル・シャトウゴルフコース

画像: テールブランシュ・ル・リオウ ゴルフコース

テールブランシュ・ル・リオウ ゴルフコース

とくに「ル・シャトウ」は、2004年の開場ながら、ゴルフワールドマガジンUK誌の「Top100 Golf Courses in Continental Europe」の14位に選出されるなど、いまやフランスを代表するゴルフコースとしての格を確立しています。

画像: プロヴァンスの自然にマッチした石造りのエントランス

プロヴァンスの自然にマッチした石造りのエントランス

画像: 「ル・シャトウ」4番ホール(422m・P4)

「ル・シャトウ」4番ホール(422m・P4)

画像: 鬱蒼とした木々に囲まれた「ル・シャトウ」6番ホール(512m・P5)

鬱蒼とした木々に囲まれた「ル・シャトウ」6番ホール(512m・P5)

画像: 「ル・シャトウ」10番ホール(398m・P4)

「ル・シャトウ」10番ホール(398m・P4)

フランスのゴルフ場は、距離表示がメートル表記となるのが一般的。400ⅿは約437ヤード

画像: プロヴァンスの風景のなか散歩のように回る2人組がいました

プロヴァンスの風景のなか散歩のように回る2人組がいました

英国ともアメリカとも違う、その土地に馴染んだコースを回るのはゴルフ旅の最高の楽しみです。忘れられない思い出になるはず。

コート・ダジュールを巡るおススメゴルフツアーはこちら↓

This article is a sponsored article by
''.