北海道の夏は湿度が低く、カラッとした気候で、灼熱の本州とは過ごしやすさが段違い。爽やかな風が吹く中での試合観戦は、気持ちがいいのひと言。プロの技を目に焼き付けた次は、自分の番。トーナメント開催コースをプレーするゴルフ旅行はいかが?

舞台は「桂ゴルフ倶楽部」
ニッポンハムレディスクラシック(7/11~14)

画像1: 舞台は「桂ゴルフ倶楽部」 ニッポンハムレディスクラシック (7/11~14)

北海道のコースで開催するトーナメントのひとつ「ニッポンハム レディス」。2018年までの「アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース」から、今年から苫小牧の「桂ゴルフ倶楽部」に舞台を移した。昨大会は首位タイから出たアン・ソンジュが「67」で回り、ツアー通算26勝目を挙げた。

桂ゴルフ倶楽部
R・T・ジョーンズJr設計の18ホール。贅沢に敷きつめられたオールベントの、緑美しい雰囲気と上質のコンディション。各ホールは高さ20メートルの木々でセパレートされ、自然の地形がそのまま生かされている。

画像2: 舞台は「桂ゴルフ倶楽部」 ニッポンハムレディスクラシック (7/11~14)

桂ゴルフ倶楽部
18H・7116Y・P72
苫小牧市植苗577-1
TEL.0144-57-5757
アクセス:新千歳空港から車で約15分、札幌から約1時間
公式]ホームページはこちら

桂GCでトーナメント開催前週に腕試しゴルフ旅↓

今年で42年目の歴史
北海道meijiカップ(8/9~11)

1978年の北海道女子オープンをルーツに持ち、「札幌国際カントリークラブ島松コース」では今年で14年連続開催。昨年はプロ8年目の福田真未が通算15アンダーの大会レコードでツアー2勝目を飾った。

画像: 2018年優勝者の福田真未

2018年優勝者の福田真未

札幌国際カントリークラブ 島松コース
試合で使われるAコース(9H・3532Y・P36)とBコース(9H・3373Y・P36)は1963年開場。長い歴史に育まれた白樺、ナラ、クリなどの深い自然林に覆われ、地形、レイアウトともに味わいのある林間コース。

画像: 今年で42年目の歴史 北海道meijiカップ (8/9~11)

札幌国際カントリークラブ島松コース
27H・10317Y・P108
北広島市島松49-5
TEL.011-376-2221
アクセス:新千歳空港から車で35分、札幌市内から車で40分
公式ホームページはこちら

北海道のトーナメントコースを自分で選んで回るゴルフ旅あります↓

今年から8月開催「ザ・ノースカントリーGC」
長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ(8/22~25)

画像: JGTO会長の青木功が設計したトーナメントコース

JGTO会長の青木功が設計したトーナメントコース

今年で15回目。昨年は初日が悪天候で中止となったため54ホールの短縮競技に。4打差を追ったオーストラリアのブラッド・ケネディが鮮やかな逆転で5年ぶりのツアー勝利。

ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
北海道の大自然の中に青木功が設計・監修。どこまでも見渡せる広大なロケーションとオールベントのフェアウェイが美しいが、気まぐれな風や渦巻くフェスキューのラフなど、手ごわさが隠れている。

画像: 今年から8月開催「ザ・ノースカントリーGC」 長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ (8/22~25)

ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
18H・7093Y・P72
千歳市蘭越26
TEL.0123-27-2121
アクセス:新千歳空港から車で15分、札幌駅から車で1時間
公式ホームページはこちら

第10回大会「小樽CC新コース」
ニトリレディスゴルフトーナメント(8/29~9/1)

画像: 北海道のコースに強いアン・ソンジュ

北海道のコースに強いアン・ソンジュ

今年で第10回の節目を迎える。舞台を小樽CCに移してからは5年連続の開催となる。昨年はアン・ソンジュが大会3勝目、前年覇者のシン・ジエも大会2勝と韓国勢が強い。

小樽カントリー倶楽部
1928年に銭函にできた3ホールのコースが小樽CCの始まり。戦後、9ホールで再開し、安田幸吉設計の18ホールの新コースが1974年に開場。これまでに日本オープンを2回開催など数々の熱戦の舞台となった。

画像: 第10回大会「小樽CC新コース」 ニトリレディスゴルフトーナメント (8/29~9/1)

小樽カントリー倶楽部 新コース
18H・7467Y・P72
小樽市銭函3-73
TEL.0134-62-5051
アクセス:新千歳空港から車で1時間、札幌市内から車で30分
公式ホームページはこちら

北海道でツアー観戦とプレミアムコンペ参加がセットになった人気のゴルフ旅行

北海道の男子トーナメントといえば、この試合!
ANAオープン(9/12~15)

画像1: 北海道の男子トーナメントといえば、この試合! ANAオープン(9/12~15)

1973年から続くANAがスポンサーのANAオープン。昨年は北海道胆振東部地震の影響で46回の歴史で初めて中止となった。2年ぶりとなる今大会を制するのは誰だ?

札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース
井上誠一が北海道で初めて手がけ、1958年に開場。各ホールは距離も長く、それぞれに攻略ルートがはっきりしており、ショットバリューがスコアに表れる。受けているグリーンが多く、ピンの位置によって難易度も変わる。

画像2: 北海道の男子トーナメントといえば、この試合! ANAオープン(9/12~15)

札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース
18H・7063Y・P72
北広島市輪厚77
TEL.011-376-2231
アクセス:新千歳空港から車で40分、札幌から30分
公式ホームページはこちら

%%GDツアーセンターなら、こんな楽しみ方ができます!!!%%oragne

This article is a sponsored article by
''.