メキシコのリゾート地では「カンクン」が有名だが、今、カンクンの南にある「リビエラ マヤ」が新しいシーサイドリゾートとして話題を集めている。次々に高級ホテルがオープンし、その中でも5つ星の「ウニコ20°N87°W」は世界中のセレブから称賛されている。また、ホテルからほど近い2つの名門ゴルフコースも見逃せない。

5つ星ホテル「ウニコ」には、カンクン空港から1時間

カンクン空港からホテルまではクルマで約1時間。マヤ文明の城塞都市だったトゥルム遺跡、世界遺産になっているチチェン・イッツァなども近いところに位置します。

また、カンクン空港からはキューバへも約1時間のフライトで渡航が可能。

画像: 5つ星ホテル「ウニコ」には、カンクン空港から1時間

マヤ遺跡に囲まれたチャンピオンコース「ハードロックGC」R・V・ヘギー設計

1994年にオープンしたリビエラ マヤのチャンピオンコース。全長7136ヤード、パー72。エキゾチックな野生生物と古代マヤ遺跡に囲まれ、メキシコの自然と人工的な設計がうまく組み合わさった美しい18ホール。

画像1: 「ハードロックゴルフクラブ リビエラマヤ」

「ハードロックゴルフクラブ リビエラマヤ」

ちなみにR・V・ヘギーは、日本国内でも「ホウライCC」「西那須野CC」「河口湖CC」「有馬ロイヤルGC」など、日本でも名コースを多数造っている世界的なコース設計家のひとりです。

「リビエラカンクンGC」帝王J・ニクラウス設計

カンクンで最も美しいゴルフ場の1つが、「リビエラカンクンGC」。ジャック・ニクラス デザイン社の設計による、池に囲まれた挑戦的なコース。

心地いいカリブ海からの風を感じながら、自然保護区にも指定されている見事なグリーン、フェアウェイを思う存分、心ゆくまで堪能できます。

また、メキシコ特有のかわいい「TEJON」(テホン=たぬきに似た動物)やワニが挨拶に出てくることもあるとか。(カートにある食べ物にはとくに注意が必要)

画像: 日本でいうたぬきに似た動物のテホン。いたずら大好き

日本でいうたぬきに似た動物のテホン。いたずら大好き

両コースとも初心者から上級者まで楽しめるコースです。

オールインクルーシブの「ウニコ20°N87°W」

カリブ海を望む100キロを超える海岸線が続くリビエラ マヤ。ホテルは、美しいラグーンと砂浜が一望できるようU字状に広がり、約9割の部屋がオーシャンビュー。

瀟洒な調度品に囲まれたロビーに入ると穏やかな空気が流れています。宿泊条件は18歳以上という大人のための楽園。ホテル内の施設はすべてが一流。

画像: モダンラグジュアリーがテーマのホテルロビー

モダンラグジュアリーがテーマのホテルロビー

バルコニーのジャグジーからは壮大なカリブ海を満喫できる。

5つのレストランは朝のビュッフェから豪華な「20°87°レストラン」、モダンメキシコ料理の「CUEVA SIETE」、イタリア料理の「MI CARISA」など世界の一流レストランが揃っている。

食後はカクテルを楽しめる「BALAM BAR」や、ライブエンターテイメントを取り入れたシガーバー「PALMERA BAR」で贅沢な時間を過ごせることだろう。

このホテルはレストラン、バー、プールなどすべてオールインクルーシブのサービスで好きなだけリゾートライフを満喫できます。

【オールインクルーシブとは】
カリブ海のリゾートが発祥の料金体系で、「all-inclusive = すべて含まれる」という意味。リゾート内のほとんどのものが料金に含まれているため、目についたもの、気になったものはなんでも気軽にトライすることができ、気に入ったら何度でも心行くまで楽しめます。料金を気にせずのびのび過ごすことができるのが、オールインクルーシブの魅力です。

GDツアーセンターイチ押し! カンクン・リビエラマヤのゴルフツアー

This article is a sponsored article by
''.