ベトナム中部のオーシャンリゾート・ダナンには、6つのチャンピオンコースがあるが、2019年秋のオープンに向けて造成中の或るリンクスに注目が集まっている。

ダナンビーチから続く砂丘地、高低差が大迫力

ダナンビーチの砂浜がそのまま続く地に、そのコースは広がっていました。コース名は「ホイアナゴルフショアーズゴルフクラブ」。設計は世界で270コース以上を手掛け、日本でも北海道の桂GC、兵庫のゴールデンバレー、栃木のサンヒルズなど数多くの名コースを生んだコースデザイナーR・T・ジョーンズJrです。

ダナン国際空港から南部の古都ホイアンへと向かう道中、空港からクルマで約40分ほどの海沿いの砂丘に広がる18ホール。高低差はゆうに7~8メートルあろうかという砂の丘に沿って芝が貼られてフェアウェイとなり、その先の斜面や丘にこれまた貼りつくようにグリーンがあります。ティーングエリアは砂丘の頂上であったり、谷あいの低い部分に設定されているようです。

「……ようです」としたのは、視察した5月中旬の段階では、敷地の大半が砂地、芝生の部分は30%あるかどうか。地固めはほぼできてる様子なのでコースの全体像はつかめます……。

画像: 海はすぐそこ。R・T・ジョーンズJrがベトナムで初めて手掛けるコース

海はすぐそこ。R・T・ジョーンズJrがベトナムで初めて手掛けるコース

ティとなる場所にはホール番号の表示杭が打たれ、その場所に立つと、芝がなくともホール造形とグリーン位置がわかります。現在あるダナンのリンクスは、どちらかというとフラットでバンカーと池、ウェイストエリアがプレーに絡むレイアウトが主流ですが、この「ホイアナショアーズGC」は、高低の大きなうねりが特徴のひとつになりそう。高台から造成中のホール全景を眺めるだけでも、その迫力が伝わってきます。

R・T・ジョーンズJrのコース特集はこちら↓

開発中「ホイアナリゾート」の目玉、「ホイアナショアーズGC」

ホイアナショアーズGCは、マカオ発祥の観光大手「サンシティグループ」による「ホイアナリゾート」の一環として造られています。リゾート全体の敷地は約1000ヘクタールという巨大な広さ、開発にはフェーズ1から7まで段階設定がなされ、プレミアムホテルとコンドミニアム、カジノ、ゴルフコース、クラブハウスがフェーズ1として2019年の秋から冬にかけて開場する予定です。

ベトナム・ダナンに生まれる新しいリンクス「ホイアナショアーズゴルフクラブ(18ホール・7401ヤード・パー71)」

GDツアーセンターでも注目のチャンピオンコースとして、これからのダナンゴルフ旅行に組み込んでいく予定です。興味を持った方は、お気軽にご連絡、ご相談ください。

画像: 「ホイアナショアーズGC」完成予想図

「ホイアナショアーズGC」完成予想図

画像: 18ホールのレイアウト

18ホールのレイアウト

ベトナム・ダナンのゴルフ旅行はこちらから↓

ゴルフダイジェストツアーセンターの全旅行はこちら↓

This article is a sponsored article by
''.