今年の全米オープンでP・ミケルソンがグリーン上で動いている球を故意に打って2打罰になったことが話題になった。この日の場合は、罰あり? 罰なし?

水谷のバーディパット

画像1: 【ルール】打とうとしてテークバックしたら球が動いて、そのまま打ってしまった。これって罰あり?

打とうとしたら、ボール動いちゃった!!

画像2: 【ルール】打とうとしてテークバックしたら球が動いて、そのまま打ってしまった。これって罰あり?

そんなのお構いなしにバーディパットを打つ水谷

画像3: 【ルール】打とうとしてテークバックしたら球が動いて、そのまま打ってしまった。これって罰あり?

なんとOKに寄って、ナイスパー!!

画像: ゴルル会員番号47番 満石奈々葉、ゴルル会員番号44番 水谷花那子

ゴルル会員番号47番 満石奈々葉、ゴルル会員番号44番 水谷花那子

動いた球をそのまま打つのはダメ?

  • そのまま打っても罰無し

    正解!プレーヤーは自分の球が動いている間はその球を打ってはならないが、プレーヤーがストロークを始めたあとや、ストロークのためにクラブを後方へ動かした直後に球が動き始めた場合は罰はない(規則14-5)。ただし、その動いた球の原因がプレーヤー自身にある場合は、一打罰が課せられる(規則18-2)

    画像4: 【ルール】打とうとしてテークバックしたら球が動いて、そのまま打ってしまった。これって罰あり?
  • そのまま打つと罰あり

    不正解。球が動いた原因がプレーヤーになければ、そのまま打つことができる。

    画像5: 【ルール】打とうとしてテークバックしたら球が動いて、そのまま打ってしまった。これって罰あり?
  • そのまま打っても罰無し
    35
    233
  • そのまま打つと罰あり
    65
    435

PHOTO/Yasufumi Sakagami

週刊GD8月21・28日号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.