「もっと飛距離アップしたい」、「とにかく真っすぐ飛ばしたい」、「練習場のいい当たりをコースで出したい」、ゴルフの悩みは千差万別。多くのゴルファーの願いを叶えるために、2018年週刊GD誌で紹介してきた「アイデア練習」を一挙に紹介。今回は藤田寛之プロ、出水田大二郎プロ、シニア2勝の寺西明プロが教えるスウィングの土台作りです。

【藤田ドリル:ステップ素振り】「これ、スウィング作りのキング・オブ・ドリルじゃないかな」

藤田 トップでは右、ダウンスウィング以降は左へ、しっかり体重を乗せるのがスウィングの基本中の基本。その感覚をつかむのに最適だと思います。

長年第一線で活躍する藤田寛之プロのドリルが「ステップ素振り」だ。

藤田 トップで右足1本で立ち、そのまま3秒間静止。これが右股関節に体重が乗った感覚です。

藤田 そこから左に踏み込んで振ります。素振りから始めて、慣れてきたら球を打つといいですね。

画像: 「これがスウィングづくりの"キング・オブ・ドリル"じゃないかな」(藤田)

「これがスウィングづくりの"キング・オブ・ドリル"じゃないかな」(藤田)

画像: 【藤田ドリル:ステップ素振り】 「これ、スウィング作りのキング・オブ・ドリルじゃないかな」
画像: 「繰り返しますが、トップで3秒止まるのが大切ですよ!」

「繰り返しますが、トップで3秒止まるのが大切ですよ!」

藤田寛之プロ
1969年生まれ、福岡県出身。40代で12勝を挙げ、長年ツアーの第一線で活躍。2018年は賞金ランク48位

【寺西ドリル:ホースで素振り】手打ちと打ち急ぎの矯正に効果。 ゆるやかな入射角が身につく!

49歳でプロ入り、シニアツアーで2勝した寺西明プロ。

寺西 ホースは手先で振ろうとしても上手く振れないからね。私もこれで正しいスウィングのリズムとボディターンを覚えたんです。

寺西 トップでホースが体(背中)に巻きつくのを待ってから切り返すのが、このドリルのポイント。

画像: アマチュアに多い手打ちや打ち急ぎの矯正にぴったり。

アマチュアに多い手打ちや打ち急ぎの矯正にぴったり。

画像: ホースでスウィングしているのは寺西プロが教える関西のトップアマ、宮本正大さん

ホースでスウィングしているのは寺西プロが教える関西のトップアマ、宮本正大さん

寺西 体が回転したあとに、腕とクラブがついてくる。この感覚をつかむのに効果的です。つまり、ダウンスウィングの入射角がゆるやかになり、ナイスショットの確率が高まるのです。

寺西明プロ
1966年生まれ、兵庫県出身。30歳でゴルフを始め、49歳でプロ入り。シニアツアー2勝。2018年シニア賞金ランク6位

【出水田ドリル:直ドラ】ドライバーのあおり打ちはコレで解消。アイアンの精度も上がります!

2018年初優勝を挙げた出水田大二郎プロ。ドライバーが得意な飛ばし屋が薦めるドリルが直ドラだ。

出水田 ドライバーはあおり打っても、打ち込みすぎても上手く当たりません。レベルでスウィングする必要があります。直ドラはそれが身につく最高の練習法です。お手本をお見せします。

出水田 ドライバーであおり打つ癖のある人に特に有効です。レベルに振れるようになって、打点の上下のミスが減るのでアイアンの精度も上がります。いいことづくめです

画像: 「ドライバーが得意なプロやトップアマが必ずといっていいほどやっている練習法です」(出水田)

「ドライバーが得意なプロやトップアマが必ずといっていいほどやっている練習法です」(出水田)

画像: 「 日頃の練習はもちろん、ラウンド前の調整にもぴったり。あおってちゃ絶対に当たりません」(出水田)

「 日頃の練習はもちろん、ラウンド前の調整にもぴったり。あおってちゃ絶対に当たりません」(出水田)

画像: "直ドラ打ち"松山英樹プロもやっています!

"直ドラ打ち"松山英樹プロもやっています!

出水田大二郎プロ
1993年生まれ。鹿児島県出身。「めだかクラブ」でゴルフを覚えた。2018年8月「RIZAP KBCオーガスタ」でツアー初優勝

春のシーズンまでに、この3つのドリルでスウィングの土台を作り上げてみてはいかがだろう。

週刊GD2019年1月1日号より

This article is a sponsored article by
''.