戦前の福岡ゴルフ倶楽部(後に福岡カンツリー倶楽部と改称)大保コースは、南北朝時代の古戦場・太刀洗(たちあらい)付近に開場(大正15年)した九州初の会員制ゴルフクラブ。だが、昭和18年、戦争激化で大保コースは閉鎖となってしまう。

いま残る大保コースの嫡流は、戦後生まれの古賀ゴルフ・クラブと福岡カンツリー倶楽部和白コース。兄は古賀、和白は弟である。

昭和22年、大保コースの残党有志は、福岡市郊外二日市の米軍専用キャバレー「紫苑」前の工場跡に、6ホールの紫カンツリー倶楽部を開いた。ウッドクラブも打てるショートコースだった。

間もなく糟屋郡古賀海岸の西鉄所有地7万坪に移転、サンドグリーンの9ホールを造る。現在の古賀GCインコースである。

ときに23年5月1日。大保コースの経営母体、福岡ゴルフ土地は古賀ゴルフ土地と改称、古賀GCに引き継がれた。この時点で“大保の嫡流は古賀”と『和白30年史』に書いてある。

画像: 玄界灘を臨む20万坪の丘陵コースは保田与天(本名は虎太郎)によるレイアウト

玄界灘を臨む20万坪の丘陵コースは保田与天(本名は虎太郎)によるレイアウト

赤星四郎が現地調査して、場所は和白に決定

同じ頃(昭和24年前後)、占領米軍の要請もあり福博財界では、新コースを計画、6カ所の用地候補があった。その中に和白村があった。

昭和36年4月、大成建設、保田与天(虎太郎)が長者原と和白村のコースレイアウトを作成。赤星四郎が現地調査して和白に決定した。

同年9月1日起工式。経営母体を㈱福岡カンツリー倶楽部として設立したのは、人の流れも精神も源流は大保という意識だった。新コースの工事は順調に進んだ。

画像: 5番ホール/290㍎/パー4 レギュラーティから276 ㍎、レディスティからでも274㍎と距離は短いが、正確性が求められて油断はできない

5番ホール/290㍎/パー4 レギュラーティから276 ㍎、レディスティからでも274㍎と距離は短いが、正確性が求められて油断はできない

画像: 時代が流れ、市街地に囲まれるゴルフ場となった

時代が流れ、市街地に囲まれるゴルフ場となった

米軍はガソリン、運転手つきのブルドーザーで応援、造成作業には福岡刑務所の軽犯囚も動員された(因みに、作業中2人の囚人が脱走したという)。27 年11月3日18ホール完成、本開場する。

和白コースは、博多湾の和白海岸を見下ろす高台20万坪に展開する18ホールだ。

やや狭い印象もあり『和白30年史』には、赤星四郎設計ならもっと素晴らしかったろうと、草創期の財政難を嘆くくだりもある。

福岡カンツリー倶楽部 和白コース
福岡県福岡市東区上和白1318‐1
☎092-606-2931
開場日:昭和27 年11月3日
コース:18H/6649Y/P72
設計:保田与天
公式ホームページはこちら

美しい日本のゴルフコースより(弊社刊)

取材・文/田野辺薫

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.