苫小牧は明治5年、戊辰戦争で幕末側について敗れた仙台、彦根の旧藩士が、樽前山の南麓台地と太平洋の砂洲に挟まれた低湿地帯を開拓して作った町。

ゴルフコースことはじめ
文芸評論家を経て、ゴルフジャーナリストとしても活躍した田野辺薫氏。ゴルフコースの目利きとして全国のコースを取材し、週刊ゴルフダイジェストで「ゴルフの歴史を歩こう」を連載(2005~2013年)。それを一冊にまとめた「美しい日本のゴルフコース」から多くの人に名コース誕生の歴史を知ってもらおうと再編集公開しています。

樽前高原の100万坪を買い上げ、ゴルフ場を造ろうと計画

昭和36〜37年好景気が始まると、苫小牧港建設、工業団地化の動きが起こる。その活況の先を読んで、樽前高原に100万坪を買収し、ゴルフ場、別荘、レクレーション施設を計画する川崎興産という会社があった。

川崎興産は、京都南郊に宇治CCを着工している最中だった。

ところで北海道の樽前山は、明治42年の噴火によって、外輪山の中に高さ105㍍の新火口丘ができるという滅多にない三重式活火山である。

標高1041㍍の樽前山に比べて、ゴルフ場のある南麓台地は標高70㍍の低さに広がる樽前高原は、北海道の他の地区に比べ積雪が少ない。しかし、寒気は他よりも厳しいといわれる。

施工の安達建設によると、春3月着工するとまず1㍍余の凍土を剥いで地肌を出す、それから重機を入れた。剥いだ凍土の氷板は積み上げてマウンドを造ったという。ところが暖かくなり溶け出して形が崩れ、滑稽な姿になってしまったと「安達建設100年史」で苦笑している。

着工は、昭和37年3月、広いがなだらかな地形に助けられて工事は順調、6カ月半で終わり、9月には仮開場、翌38年7月7日本開場。

「樽前カントリークラブ」は上田治設計の18ホール・7273㍎・パー72(コースレート74・5)。当時としては抜群の長大コースだった。

画像: 上田治は、フェアウェイの幅は平均で50㍎、広いところでは90㍎というOB無縁のコースを造った

上田治は、フェアウェイの幅は平均で50㍎、広いところでは90㍎というOB無縁のコースを造った

画像: 南コース5番ホール/394㍎/パー4

南コース5番ホール/394㍎/パー4

画像: 北コース9番ホール/396㍎/パー4 手前は中コース9番、奥には樽前山

北コース9番ホール/396㍎/パー4 手前は中コース9番、奥には樽前山

画像: 最初の18ホールだけで35万坪、さらに9ホールを追加。北海道のなかでも長大なコースのひとつ

最初の18ホールだけで35万坪、さらに9ホールを追加。北海道のなかでも長大なコースのひとつ

上田は、北海道らしいスケール感を出そうとしたのだ。35万坪という常識に倍する広さの中に、90 ㍎のフェアウェイ、OBをまったく気にしないで済む、大らかな18ホールを造り上げた。クラブハウスも広い草原に似合う牧舎風にした。

背後には1041㍍の樽前山、視線をめぐらせば太平洋の紺青の水平線、借景も大きく利用した。昭和55年5月5日には北コース、9ホール・3577㍎・パー36を追加した

画像: 牧舎風のクラブハウス

牧舎風のクラブハウス

樽前カントリークラブ
北海道苫小牧市錦岡491
☎0144-67-0131
開場日:昭和38年7月
コース:27H/10258Y/P108
設計:上田治(南 中) 鹿島建設(北)

美しい日本のコースより

取材・文/田野辺薫

ゴルフ場の最新会員権相場をチェック

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

会員権のお問い合わせ、ご相談はゴルフダイジェスト社 会員権サービス部が承ります

This article is a sponsored article by
''.