コースでのプレーを「動」とすれば、クラブハウスはプレー前後の「静」の空間。「メンバーがゆったりくつろいで集える場所」を目指して造ったという、岐阜県の「花の木ゴルフクラブ」のクラブハウスにお邪魔しました。

正方形を4つ重ねた構造、広がり過ぎずシンプルな動線

「スタート前、ホールアウト後に利用するものという認識が一般的ですが、本来のクラブハウスは、クラブメンバーやファミリー、仲間が集う場所だったはずです。設計のコンセプトは、そうしたくつろぎの空間としてクラブハウスを捉えたものと聞いています」(支配人・牧和寿氏)

そのため華美に走らず、シンプルで明るい雰囲気。各棟のトップライトから室内に自然に光が注ぎ込むように造られ、メインスペースのレストランだけでなく、コンペルームやロッカーも明るいのが特徴です。

画像: 正方形を4つ重ねた構造、広がり過ぎずシンプルな動線
画像: 1階ラウンジ。出入口から離れていて落ち着きます

1階ラウンジ。出入口から離れていて落ち着きます

画像: 可動式のパーテーションで仕切られたコンペルーム。5室、80名収容

可動式のパーテーションで仕切られたコンペルーム。5室、80名収容

画像: ロッカールーム。男性124本、女性50本、兼用74本

ロッカールーム。男性124本、女性50本、兼用74本

レストランは中央の吹抜けを囲むようにコの字型。三方が窓で採光がよく、とくにコース側の2面はなかなかの景観です。

画像: コの字型のレストラン。16卓

コの字型のレストラン。16卓

「構造的には正方形を4つ重ねる設計となっています。これは機能面での合理性と動線をシンプルにし、ハウス自体をコンパクトに見せる工夫です」(牧支配人)

実際、ロビーにしてもロッカーにしてもゆったりとしているが、決してムダに広い感じはない。また、通路が幅広く、ゆとりが感じられます。

画像: ショップ

ショップ

画像: 男性脱衣場

男性脱衣場

画像: 男性浴室

男性浴室

2015年にはPGM世界ジュニアゴルフ選手権日本代表選抜大会の決勝大会を開催、プロトーナメントなどの大きな競技の開催も整う構造とスペースです。

花の木ゴルフクラブ
所在地:岐阜県瑞浪市日吉町
開場:平成2年6月
ハウス設計者:大成建設㈱
ハウス施工:大成建設㈱
構造:鉄筋コンクリート
コース:18H・7018Y・P72
公式ホームページ

画像: 3番・554Y・P5 うねりが強く2打目以降フェアウェイが二手にわかれる

3番・554Y・P5 うねりが強く2打目以降フェアウェイが二手にわかれる

画像: 14番・399Y・P4 自然の岩を活かした池がある。右ドッグレッグ

14番・399Y・P4 自然の岩を活かした池がある。右ドッグレッグ

画像: 18番・438Y・P4 距離のある最終ホール。グリーン左サイドに池がありるので、しっかりコントロールして狙いたい

18番・438Y・P4 距離のある最終ホール。グリーン左サイドに池がありるので、しっかりコントロールして狙いたい

ゴルフ会員権に関するお問合せ、ご相談は、会員権取引業57年、10万件以上の成約をお手伝いしてきたゴルフダイジェスト社会員権サービス部にお任せください。

会員権・お問い合わせ

お問い合わせ方法を下のボタンから選んでタップください。

花の木GCの最新会員権情報はこちら↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

「会員権相場はウソつかない」バックナンバーはこちら↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.