今や1000以上のゴルフ場が、なんらかの形で法的整理の経験を持っています。その理由のほとんどが「預託金制」による償還問題です。その波は、日本のベスト100コースにも及びました。しかし、名コースの破綻を放ってはおきませんでした。新スポンサーのもと法的整理が行われ、「再生の道」を歩みだしています。

日本の成長から生まれた「預託金制会員権」

昭和23年に開場した新日本開発が造った伊東パーク(現ゴールド川奈)が日本最初の預託金制ゴルフ場といわれています。ゴルフ場の土地代、建設費などの資金は会員権を発行し調達するようになりました。(高度成長期からバブル期にかけて)ゴルフ会員権は値上がり、投資の対象にもなり、会員募集も順調に進んだため、ほとんどのゴルフ場経営者は「預託金制」を採用しました。

10年据え置き、10年後に返還請求があれば、預託金を返還する。

会員権が値上がりすれば、市場で預託金以上の金額で売却できるため、ゴルフ場は預託金を返還する必要がないと考えていました。

しかし、バブル崩壊で会員権相場は下落。相場が預託金額を下回る会員権が続出してしまいました。
会員権所有者は預託金を返還請求し、裁判をしてでも取り返そうとしました。その結果、預託金償還不能で倒産するゴルフ場が多発してしまいました。

預託金問題は、日本の名コースまでもを…

その中のひとつが、全国的に高級ゴルフ場としてその名を轟かせていた、「レイクウッドゴルフクラブ」でした。多くのゴルフ場が民事再生法や会社更生法といった「再建型」を選ぶ中、レイクウッドは、「清算型」となる「特別清算」だったことから、「高額会員権が紙屑になる」との憶測が乱れ飛んだのは2004年の8月のことでした。

バブル期、会員権相場で小金井GCを抜いたこともあるレイクウッドの経営会社の突然の倒産は、会員権市場に激震をもたらす出来事でした。

週刊ゴルフダイジェスト、当時の記事はここをクリック

その後、日本土地建物、清水建設、損保ジャパンが株主となり再建を果たしましたが、有名コースの破綻は続きました。2006年に「河口湖」、2007年には「総武」・・・。

浜野、清川、唐沢、石坂、木更津、南総…「会員が立ち上がり」再生したゴルフ場とは違い、今回取り上げた10コースは、経営交代「新スポンサー」のもと法的整理が行われました。

「会員が立ち上がり」再生したゴルフ場の記事はこちら↓

コース内容、施設内容、立地条件、会員の数や質には問題なく、(新スポンサーに)手を出さないのはもったいない、と思わせるゴルフ場になります。

平塚富士見の場合、一時相場を下げましたが、徐々に回復。現在では「売り優勢」の相場上昇物件のひとつになっています。

避暑地の雄「河口湖」は、銀座松屋から「東京建物」へ、日本のトーナメント史を飾ってきた名コース「総武」は、「グランPGM」となり、新スポンサーのもと再スタートを切っています。

いずれも、以前に比べ、入会しやすいお値段となっていますので、ご検討なされてはどうでしょうか。

平塚富士見カントリークラブ(神奈川県)

会員権相場/売り460万、買い395万/名変料170万

レイクウッドゴルフクラブ(神奈川県)

会員権相場/売り1800万、買い1300万/名変料300万

平成16年(2004年)8月、同じグループのレイクウッドGC、サンパーク明野、レイクウッドGC富岡など湘南観光開発(株)は、過大な借入金と預託金償還問題が原因で特別清算となりました。平成17年1月に可決。負債額は約600億円、うち預託金は約280億円でした。事業継承した新会社(株)レイクウッドコーポレーションの株主には、日本土地建物、清水建設、損保ジャパン。継続会員は弁済率5.88%に基づく金額を新預託金額面としています。

河口湖カントリークラブ(山梨県)

会員権相場/売り40万、買い20万/名変料100万

平成18年(2006年)12月、民事再生法を申請。預託金償還問題に加え、冬季クローズで集客低下の影響も大きかったようです。負債総額は約102億円(うち預託金約91億円)でした。

「東京建物(株)」が新スポンサーとなり、親会社だった「(株)松屋」も一部を出資。預託金の59%をカットし、残り41%を一括弁済しました。継続する会員はその中から新預託金5万円を拠出して、継続会員となりました。

総武カントリークラブ(千葉県)

画像: 総武カントリークラブ(27H・10643Y・P108)

総武カントリークラブ(27H・10643Y・P108)

会員権相場/売り285万、買い225万/名変料80万

平成19年(2007年)4月、預託金償還問題で総武CCの経営会社「総武都市開発(株)」が民事再生法を申請。同グループの負債は約386億円でした。平成19年8月、スポンサーを模索するなかで一番条件の良かった、パシフィックゴルフ(現PGM)を新スポンサーに選定。継続会員は預託金カット後の23%が新預託金となりました。

KOSHIGAYA GOLF CLUB(埼玉県)

会員権相場/売り220万、買い145万/名変料25万

平成16年(2004年)2月、経営会社の「大洋緑化(株)」が会社更生法を申請。負債総額は約1100億円。うち預託金は約502億円だった。新スポンサーとしてローンスター(現在のPGM)が選定されます。継続会員の預託金は97%カット。残り3%が新預託金となりました。

平成26年新クラブハウスの完成を機に、ゴルフ場名を「越谷ゴルフ倶楽部」から「KOSHIGAYA GOLF CLUB」に変更。平成25年10月1日より、36ホールから、18ホールになっています。

「KOSHIGAYA GC」奇跡の復活、記事はこちら↓

東京国際ゴルフ倶楽部(東京都)

会員権相場/売り165万、買い110万/名変料100万

平成15年(2003年)10月、「有限責任中間法人東京国際クラブ」設立し、平成17年3月、会社更生法を申請。一般債権や会員の預託金については、82.5%をカットし、残り17.5%を弁済。

継続会員は、正会員100万円、平日会員60万円の新預託金を拠出し、間接株主会員制としてスタートしました。

平成19年9月、東京国際カントリークラブから「東京国際ゴルフ倶楽部」に名称変更。平成24年4月、「(株)シャトレーゼHD」の傘下となりました。

宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)

会員権相場/売り45万、買い20万/名変料50万

平成12年(2000年)3月、宍戸コース、静コースともに会社更生法を申請。負債は約228億円、ほぼ預託金でした。「森ビル(株)」が新スポンサーとなり、配当率は36.08%、「額面無し」のプレー会員権として新会員権を発行。

宍戸ヒルズCCの「ゴルフ場身体検査」記事はこちら↓

大多喜城ゴルフ倶楽部(千葉県)

会員権相場/売り65万、買い40万/名変料30万

平成16年(2004年)12月、民事再生法を申請。負債額は約274億円、うち預託金は約230億円。平成17年、「東急不動産(株)」がスポンサーとなり、継続会員は預託金94.4%カット、残り5.6%を新預託金となり、新しい「入会保証預託証書」が発行されました。

平川カントリークラブ(千葉県)

会員権相場/売り110万、買い75万/名変料100万

平成16年(2004年)12月、民事再生法を申請。負債額約231億円、うち預託金は約176億円。平成17年、東証1部上場の「日神不動産㈱」がスポンサーに決定し、継続会員は預託金95%カット後の5%を預託金として新証券が発行されました。

平川CCの会員権記事はこちら↓

猿島カントリー倶楽部(茨城県)

会員権相場/売り240万、買い160万/名変料100万

平成10年(1998年)に「大日本土木系列」のゴルフ場として開場。パブリックコースで運営。 平成14年に経営会社が民事再生法を申請後も 。「㈱猿島カントリー」としてパブリック運営を継続。 平成17年12月、㈱猿島カントリーの全株式を「東急不動産㈱」が取得し、メンバーシップコースとしてスタートしました。

会員権・お問い合わせ

お問い合わせ方法を下のボタンから選んでタップください。

ゴルフ会員権に関するお問合せ、ご相談は、会員権取引業57年、10万件以上の成約をお手伝いしてきたゴルフダイジェスト社会員権サービス部にお任せください。

最新の会員権相場はこちら↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

「会員権相場はウソつかない」バックナンバーはこちら↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.