ゴルフ会員権を買ってメンバーになりたいけど先立つものがない…。そんなときに便利なのが「ゴルフ会員権購入ローン」。いくらまで借りられる? 月々の返済額は? 今回は「スルガ銀行ゴルファーズローン」をご紹介します。
画像: ゴルフ会員権を購入するなら「スルガ銀行ゴルファーズローン」のご利用がおすすめ

「スルガ銀行ゴルファーズローン」の商品概要

画像: 「スルガ銀行ゴルファーズローン」の商品概要

POINT.1
金利は2.5%~5.0%の業界最低水準!

ご利用金額金利(※1)返済期間備考
●●信販会社500万円~最大3000万円3.9% ~5.8%最長5~7年担保一部あり(※2)
●●銀行最大800万円6.0% ~9.8%最長8年担保なし
スルガ銀行最大800万円2.5% ~5.0%最長10年担保なし
(※1)金利は平均的な金利を表示
(※2)会員権を担保に設定する場合もございます
※スルガ銀行調べ

POINT.2
返済期間は最長10年
繰上返済はいつでもOK。返済はフレキシブル!

POINT.3
入会預託金や名義変更料のみでローンの利用OKと使い勝手良し

POINT.4
お申込みは全国どこからでも24時間OK!
便利で速い!

購入したい会員権が決まったら、まずは事前審査もOK!!

商品名ゴルファーズローン
(商品名:目的別ローン〈カード型〉)
お申込みいただける方次の条件をすべて満たす個人の方
・契約時年齢が20歳以上65歳未満
(目的ローン完済時のご年齢は70歳以下)の方
・安定した収入があり継続した取引が見込める方
※ご相談状況により、その他当社所定の条件がございます。
ご利用限度額10万円~800万円(1万円単位)
※ご融資の上限金額は、
「お見積書等に記載の金額(千円単位は切上げ)」までとなります。
※カードローン機能を選択された方は目的別ローンとカードローンの合算で
最高限度額は800万円となります。
ご利用利率年2.5%~5.0%
(適用金利は資金使途や審査により決定いたします。)
ご返済回数6回以上120回以内
必要書類①本人確認書類(運転免許証など)
②お使いみちが確認できる資料(見積書や領収書など)
※資金使途によっては、表示の金利が適用されない場合がございます。
※50万円超のお申込みには、収入確認資料のご提出が必要となります。
※定期的に収入確認資料のご提出をお願いする場合がございます。
詳しくは商品概要説明書をご覧ください。
審査の結果、ご希望にそえない場合がございます。
ご返済プランを十分ご検討のうえ、ご利用ください。
※投資目的によるゴルフ会員権購入費用には本ローンはご利用できません。

ゴルフダイジェスト社が販売する会員権で
ゴルファーズローンを使うなら

ローンのご利用は、こんな方におすすめ!
☑ まずは審査が通るか確認したい方
☑お小遣いの中から、毎月返済し会員権を購入したい方
☑ローンのご返済をフレキシブルにしたい方

ローンご利用はいたってシンプル
簡単3ステップ!

購入したいゴルフ会員権をゴルフへ行こうWEBで決定したら、

画像: ゴルフへ行こうWEB ゴルフ場相場一覧ページより

ゴルフへ行こうWEB ゴルフ場相場一覧ページより

ステップ1
スルガ銀行のゴルフ会員権購入ローン ホームページでお申込み!

画像: スルガ銀行 ゴルフ会員権購入ローン ホームページより

スルガ銀行 ゴルフ会員権購入ローン ホームページより

ステップ2
お支払先に「ゴルフダイジェスト社」と入力!

画像: スルガ銀行 ゴルフ会員権購入ローン 申込ページ

スルガ銀行 ゴルフ会員権購入ローン 申込ページ

申込みが完了したらあとは結果を待つだけ
原則翌営業日に事前審査の結果がスルガ銀行から届きます。

ステップ3
事前審査OKなら、
ゴルフダイジェスト会員権サービス部にお問い合せください

※その後スルガ銀行へ書類をアップロードいただき本審査が必要となります。本審査の結果、ご希望に添えない場合もございます。

お問い合せ・ご相談は、
ゴルフダイジェスト会員権サービス部へ

ゴルフ会員権購入ローンをはじめ、
ゴルフ会員権のことなら何でもご相談ください

コースに関する事など何なりとお問い合わせ下さい。ご連絡方法は下のボタンから選んで(タップして)ください。WEBからのお問い合わせで視察プレーをご希望の方は、「お問い合わせ内容、ご要望」欄に希望日や問合せ内容をご記入下さい。

ゴルフ会員権のお問い合わせは、取引実績57年、成約件数10万件以上をお手伝いしてきたゴルフダイジェスト社会員権サービス部にお任せください。

「スルガ銀行ゴルフ会員権ローン」ホームページへは↓からアクセス

※本ローンはお客さまとスルガ銀行の2者間のご契約となるため、審査結果をスルガ銀行からゴルフダイジェスト社へお伝えすることは一切ございません。
※バナーをクリックすると、外部サイトへ移動します。

画像: www.surugabank.co.jp
www.surugabank.co.jp

This article is a sponsored article by
''.