オーストラリア大陸の東海岸に位置するリゾート地、ゴールドコースト。40キロ以上の砂浜が続き、1年のうち300日が晴天というまさに太陽と海の楽園。魅力たっぷりのビーチレジャーだけでなく、ここは高級リゾートコースの多いゴルフ天国として脚光を浴び始めています。

日本との時差は約1時間

いまやハワイをしのぐ勢いの人気リゾート地として、南半球のゴールドコーストに注目が集まっています。好景気に沸くオーストラリア経済を反映してか、海岸通りには高級ホテルやコンドミニアムの高層ビル群が軒を連ね昼夜、観光客でにぎわうリゾート都市です。

ゴールドコーストは、広大なオーストラリアの中でも1年を通じて天候がよく、晴天続きのこのエリアは、ビジターを引き付ける魅力でいっぱい。

観光の中心地、サーファーズパラダイスにはサーフボードを抱えた各国のサーファーたちがあいさつを交わしながら行きかっています。

画像: サーファーズパラダイス

サーファーズパラダイス

街から西の内陸地は多くの野生動物が生息するヒンターランドです。高原の町タンボリンマウンテンを訪れてショッピングや食事を楽しんだり、フィールドアスレチックや乗馬なども体験できます。

画像: 日本との時差は約1時間

日本との時差はわずか1時間。時差ボケ知らずでいける南の楽園へ、家族や仲間とでかけてみてはいかがでしょう。

ゴールドコーストには、J・ニクラス、A・パーマー、G・ノーマン…名だたる名手が設計した多くのコースがサーファーズパラダイスから好アクセスの立地にあります。リンクススタイル、林間、リゾートとバラエティに富み、初心者から上級者まで楽しめるコースが選り取り見取り。

サンクチュアリコーブ・ゴルフ

代表するコースのひとつが「サンクチュアリコーブ・ゴルフ」です。沼地と原生林を活かした風光明媚なフラットなコースで、林立するヤシの木がアクセント。パームコースとパインズコースの36ホール。

パームコースは広いフェアウェイの随所に配されたアゴの高いバンカーが特徴的。全体に広めでプレーしやすいリゾートコースです。設計は地元で有名なフレッド・ボルトン。ゴールドコーストにはF・ボルトン設計コースが数多くあります。

画像: パームコース3番

パームコース3番

画像: パームコース8番

パームコース8番

画像: パームコース15番

パームコース15番

画像: パームコース17番

パームコース17番

パインズは池が多く難しいセミプライベートコース

パインズコースは大きな池や自然林を生かしたやや難易度の高い設計でスコアをまとめるのに苦労するチャンピオンコースです。設計はアーノルド・パーマーで、こちらはメンバーとホテル滞在者しか回れません。

画像: パインズコース6番

パインズコース6番

画像: パインズコース3番

パインズコース3番

画像: パインズコース5番

パインズコース5番

画像: パインズコース15番

パインズコース15番

画像: パインズコース17番

パインズコース17番

サンクチュアリコーブ・ゴルフ
パームズ 18ホール/5890ヤード/パー70
パインズ 18ホール/6581ヤード/パー72(メンバーと宿泊者のみラウンド可)
公式ホームページ

宿泊はインターコンチネンタル サンクチュアリコーブ

インターコンチネンタルサンクチュアリコーブは、サーファーズパラダイスの喧騒から離れた、ゴールドコースト北端に位置します。

敷地面積は4.2ヘクタール。クラシックでエレガントなデザインのホテルで、緑豊かな景観も特徴の一つです。

海沿いの町ならではのシーフードを食べたり、良質なオージービーフも堪能できます。それに合わせて、ニューワールドと称され、最近とくに注目を浴びているオーストラリアワインも楽しみのひとつです。

オーストラリア「ゴールドコースト」へ行くゴルフダイジェストツアーはこちら↓

ゴルフダイジェストツアーで行くゴルフ旅行はこちらから↓

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.