97,000円~110,000円2021年10月~12月 東京駅発着 送迎付 2名様より受付
北陸新幹線、人気のE7系「かがやき」で行く富山!富山県でもっとも歴史あるメンバーシップコース「呉羽カントリークラブ」の36ホールを制覇する2日間。ご宿泊の「ドーミーイン富山」では、朝から「白えびご飯」「とっぺや豆腐」「ますの寿司」「昆布締め」「ぶり大根」「ホタルイカの沖漬け」など、富山の海の恵みを楽しめます。
[コースコード F-12342 富山ゴルフパック]

スケジュール▼

2021年10月1日~12月28日の毎日出発(設定除外日あり)

1日目
東京駅(6:20~7:20)発=(新幹線)=富山駅(8:30~9:30)着
送迎タクシーにてゴルフ場へ(約30分)
呉羽カントリークラブ 日本海コースにて18Hプレー
<キャディ付・乗用カート利用>
送迎タクシーにてホテルへ(約30分)
ドーミーイン富山泊
2日目
送迎タクシーにてゴルフ場へ(約30分) 
呉羽カントリークラブ 立山コースにて18Hプレー
<キャディ付・乗用カート利用>
送迎タクシーにて富山駅へ
富山駅(17:00~18:10)発=(新幹線)=東京駅(19:10~20:20)着

*2名様及び土日祝のプレーは他のお客様との組合せになる場合がございます。

旅行代金▼

2021年10月1日~12月28日の毎日出発(設定除外日あり)

出発日/出発曜日月~木発金発土発日発
10/1~11/1
11/4~11/21
11/24~12/28
97,000104,000110,000103,000
東京駅発着 1名1室利用時の1名様代金 (単位:円)

▌特定日(1名1室利用時)
11/2、11/3、11/22、11/23:105,000円

キャディフィー利用税
4B3B2B
呉羽CC割増なし割増なし2,475950
▌ゴルフプレーにおける現地お支払い代金
1プレーにつきお一人様 (単位:円)

旅行条件▼

最少催行人員2名
食事条件朝食1回付
添乗員同行しません
利用交通機関航空機
宿泊施設ドーミーイン富山(洋室/15㎡)
*客室内バスタブなし・シャワーのみ
*天然温泉大浴場あり

旅行代金に含まれるもの・含まれないもの▼

旅行代金に含まれるもの

  • 日程に記載の新幹線運賃(普通車・指定席利用)
  • 日程に記載の宿泊代金
  • 旅行条件に記載の食事代
  • 日程に記載の2ラウンドゴルフプレー代(グリーンフィー・諸経費・キャディフィー・カートフィー・基金・ロッカーフィー/3・4バッグ基準)
  • 指定区間の送迎タクシー代
  • 旅行代金の消費税

旅行代金に含まれないもの

  • 所定の食事以外の飲食代
  • ゴルフ条における現地お支払い代金(利用税・2バッグ時の割増代)
  • 個人的費用
  • 上記含まれるものに明記していないもの

その他ご案内・注意事項▼

本旅行はお問い合わせいただいてから手配いたします。

取消料・旅行条件について確認
個人情報について確認

お問い合わせはこちらから!

旅程、料金、ゴルフプレーに関することなど、何なりと専門スタッフにご質問ください。
なお、お電話の場合ツアー番号「F-12342 富山ゴルフパック」をお伝えいただけますと、よりスムーズです。

【GOLF BASE】
剱の湯 ドーミーイン富山

我が家のような「住む感覚」を大切にした「ドーミーイン」は、ゴルフダイジェストの提案するゴルフ旅行の拠点「GOLF BASE」にぴったりのホテル。

「ドーミーイン富山」は、内風呂、外気浴、サウナと豊富な浴槽で疲れを癒やすことができます。

ドーミーイン富山 大浴場

ドーミーイン富山 客室

お米とおさかなにこだわった豊富な朝食メニューをお楽しみください。富山湾の宝石「白えびご飯」は、味付けに昆布茶を使用し、枝豆・油揚げ・昆布とともに炊き上げています。

富山の恵みたっぷりのドーミーン富山の和洋朝食バイキング 

▼ドーミーイン富山のここがすごい!

◎お部屋は禁煙ルームと喫煙ルームを選べる
◎毎日21:30~23:00にドーミーイン特製のあっさり醤油ラーメン「夜鳴きそば」を無料サービス
◎朝食に出来たての卵料理とご当地逸品料理「白えびご飯」を提供
◎天然温泉大浴場にサウナもあり、女性はミストサウナも!
◎ランドリーコーナーもあり雨の日ゴルフも心配なし

富山県でもっとも歴史あるメンバーシップコース
呉羽カントリークラブ

「呉羽カントリークラブ」の開場は富山県で最も古い1960年。

四季折々の彩りあふれる豊富な樹木に囲まれ、美しさの中に戦略性を秘めた日本海側を代表するコースです。

谷越え、池越えの起伏ある「日本海コース(18ホール)」と、立山連峰の眺めが美しい「立山コース(18ホール)」を2日間で制覇いただきます。

This article is a sponsored article by
''.