米ツアーの選手と、日本ツアーの選手のパターを見てみると、オデッセイの使用率が高いのはどちらも同じ。だが、米ツアー選手のほうが「スコッティキャメロン」を手にしている割合が高い。米ツアーの高速グリーンでは、慣性モーメントの大きなマレット型よりも、自分の感性を活かせるピン型パターを好む選手が多いと言われるが、トップ選手はどんなキャメロンを使っているのか。

PGAツアー パターコレクション キャメロン使い手

ジョーダン・スピース 「ニューポート型009」

画像1: ジョーダン・スピース 「ニューポート型009」

軟鉄性の軟らかい打感を好むスピース。丸みをおびたニューポート型の「009」を使用

画像2: ジョーダン・スピース 「ニューポート型009」

リッキー・ファウラー 「ニューポート2タイムレスGSS」

画像1: リッキー・ファウラー 「ニューポート2タイムレスGSS」

ステンレスでも軟らかい打感のジャーマンステンレスを使った、直線的なデザインの「ニューポート2タイムレスGSS」を使用。

画像2: リッキー・ファウラー 「ニューポート2タイムレスGSS」

ジャスティン・トーマス「フューチュラX5R」

画像1: ジャスティン・トーマス「フューチュラX5R」

エースは"ツノ型"の「フューチュラX5R」。ミスに強いマレットタイプだがプロの中では少数派

画像2: ジャスティン・トーマス「フューチュラX5R」

ブルックス・ケプカ「ニューポート2 T10 セレクト」

画像1: ブルックス・ケプカ「ニューポート2 T10 セレクト」

18年の全米オープン、全米プロゴルフ選手権を制したパター。写真はダンロップフェニックス時。

画像2: ブルックス・ケプカ「ニューポート2 T10 セレクト」

タイガー・ウッズといえば、やっぱり「ニューポート2 GSS」

画像: メジャー14勝のうち13勝を挙げたスコッティキャメロン「ニューポート2 GSS」

メジャー14勝のうち13勝を挙げたスコッティキャメロン「ニューポート2 GSS」

画像: 5年ぶりの復活優勝を遂げた「ツアー選手権」でも使用

5年ぶりの復活優勝を遂げた「ツアー選手権」でも使用

画像: 傷だらけでも使い続けるエースパターだ

傷だらけでも使い続けるエースパターだ

タイガーモデルに似たキャメロンは不動の人気

「タイガーのパターに近いモデルはいつになっても人気です」と語るのは、『スコッティキャメロン ゴルフギャラリーTOKYO』のパッティングアナリスト竹内大輔さん。バックキャビティにビッグチェリーボンブとタイトリストロゴ。そしてフェース面もタイガーが好むツルツルのスムースミル。

画像: ちなみにお値段は80万円!

ちなみにお値段は80万円!

バックエースの刻印は左に「T2-GSS」、右に「350」。"T2"は、製品名であるタイムレス2を、"GSS"はジャーマンステンレス製であることを意味する。"350"はヘッド重量(グラム)だ。

画像: タイガーを見て憧れた赤い丸はチェリーボンブと呼ばれる

タイガーを見て憧れた赤い丸はチェリーボンブと呼ばれる

画像: 溝などのないツルツルとしたフェースの仕上げはスムースミルと呼ばれる

溝などのないツルツルとしたフェースの仕上げはスムースミルと呼ばれる

「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑

スコッティキャメロンのパターは大きく分けて市販品とツアーパターの2つに分けられる。市販品がタイトリストの工場で生産されるのに対して、「サークルT」呼ばれる丸に"T"が刻印されたツアーパターは、カリフォルニアのスタジオでキャメロン氏が手を加え作り上げる。

素材も市販品がステンレスかアルミなのに対して、ツアーパターはカーボンスチール(軟鉄)やジャーマンステンレス(GSS)と呼ばれる軟らかなステンレスが使われ、キャメロン氏自身がハンマーで刻印などを入れる。

ツアープロが使うものとまったく同じクオリティで作られているため、値段も高額。安くても30万円はするこれらのパターだが、打感、美しい形状、所有感など、ゴルファーなら手にしたくなって当然だ。

009M
丸みのあるニューポートが進化したのがこのタイプ。こちらはジョーダン・スピースが使うモデルと同じ軟鉄製。「009」とはスタジオの郵便番号にちなんだもの。

画像1: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑
画像2: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑

CAMERON & Co.009 M GSS
「009」のジャーマンステンレスバージョン。「M」はマスタフルを意味し、バックフェースのデザインを見直し、最高の重量配分にしたものだ。

画像3: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑
画像4: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑

ニューポート2 タイムレス2
直線的デザインの「ニューポート2」が進化したのがタイムレス。少し大きくなったのが「タイムレス2」となる。まだこのモデルでの優勝者はいないのだとか。

画像5: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑
画像6: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑

P5 GSS
宮里優作も使うモデルのGSS版。仕上げはクロマチックブロンズに溶接ネック、GSSにしか使えないスコッティブルーというロゴ色の最高級モデル。

画像7: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑
画像8: 「スコッティキャメロン」プレミアムパター図鑑

レアなスコッティキャメロンは、このショップでチェック!

スコッティキャメロン ゴルフギャラリーTOKYO

静岡県の「浜松シーサイドゴルフクラブ」内にあるミュージアム&ギャラリーに続き、日本で2店舗目となるギャラリー。オリジナル商品をはじめ日本限定での商品なども取りそろえられ、ファンにはたまらないスペースだ。

パター以外にも他では目にすることができないパターカバーやグッズなどもりだくさんたくさん。トッププロが頼りにする世界に3カ所しかないスタジオでのフィッティング(1時間3万円)も好評。

画像: トッププロと同様のパターフィッティングも受けられる(有料)

トッププロと同様のパターフィッティングも受けられる(有料)

画像: スコッティキャメロンならではのデザインが楽しい。パターカバーも圧巻の品ぞろえ

スコッティキャメロンならではのデザインが楽しい。パターカバーも圧巻の品ぞろえ

画像: 小物類も充実

小物類も充実

スコッティキャメロン ゴルフギャラリーTOKYO
東京都港区南青山5-3-2
The Jewels of Aoyama 3F
OPEN 11:00~19:00(☎03-5766-6060)

ゴルフ5プレステージの品ぞろえも凄い

"ワンランク上のゴルフライフ"をテーマに、クラブはもとよりシューズやグローブ、サングラスのカスタムフィッティングを行っている「ゴルフ5プレステージ」。日本橋、新宿、広尾に3店舗を構えるが、パターコーナーの充実ぶりにも目を見張るものがある。

外のショップではショーケースに入れられ鍵がかかっている高額なパターも実際に手に取ることができるのもうれしい。

画像: スコッティキャメロンをはじめ、目にすることの少ないPXGのパターも手にとれる

スコッティキャメロンをはじめ、目にすることの少ないPXGのパターも手にとれる

クリント・イーストウッドをモチーフにした「THE CLINT」。シャフトには弾丸の薬きょうが。

画像: C・イーストウッドのシルエットが刻まれた、その名も「THE CLINT」

C・イーストウッドのシルエットが刻まれた、その名も「THE CLINT」

画像: 西部劇で有名なイーストウッドだけに、シャフトには薬きょうのモチーフが

西部劇で有名なイーストウッドだけに、シャフトには薬きょうのモチーフが

ゴルフ5プレステージ新宿店
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-34-7
NEX新宿ビル1F
OPEN 10:30~20:30(月~土)10:00~20:00(日祝)
TEL.03-3354-5052
公式ホームページはこちら

「いつかはキャメロンのパターを」と思っているなら、ぜひ訪れてみてはいかがだろう。

週刊GD2019年1月1日号より

This article is a sponsored article by
''.