1958年に始まった世界アマゴルフは、セントアンドリュース、メリオンに次いで第3回大会を川奈の富士コースで開いた。世界は、川奈を3番目のゴルフリゾートとして指名したのだ。その頃、創業者大倉喜七郎から「川奈には牧場を造る計画だったが、岩盤がひどく動物が蹄を痛めるので、ゴルフ場にした」と直に聞いたことがある。

自然は玄妙。牧場を諦めさせた岩盤がいま、15番の断崖美、16、17、18番の突兀と高いグリーンとして川奈富士を世界的な名コースにした。牧場を諦めた大倉は、川奈地区50万坪を買収。まず、昭和3年、大谷光明設計の大島コース18ホールを完成。

画像: 11番ホール/568㍎/パー5 僅かに左ドッグレッグしている。2打以降はグリーン奥の灯台が目印

11番ホール/568㍎/パー5 僅かに左ドッグレッグしている。2打以降はグリーン奥の灯台が目印

さらに、もうひとつのホテルとゴルフコースを造る計画で整備中だったが、思わぬ椿事が突発した。静岡県が突然ゴルファーひとりに1円の贅沢税を発表したため「贅沢とは何事だ」と川奈ホテルは対立。昭和9年コースを閉鎖する騒ぎまで発展。

結局新税は撤回される。〝もうひとつのコース〟が赤星六郎設計で6、7ホール仕上がった頃、大倉は折から東京GC朝霞コース、廣野GC新設で来日中の英人設計家C・H・アリソンに着目、設計を変更した。

画像: 7番ホール/330㍎/パー4 やや打ち下ろしで距離は短いが、フェアウェイは馬の背になっている

7番ホール/330㍎/パー4 やや打ち下ろしで距離は短いが、フェアウェイは馬の背になっている

川奈から多くのプロが育っていった

昭和11年ホテルと同時に富士コースがオープンする。資料によると、赤星設計のルーティングは、現在の富士コースとはかなり違う。昭和17年ホテルは海軍病院として接収。敗戦後すぐ20年10月米軍が進駐。22年2月英連邦軍と交代、占領は昭和27年6月まで続いた。

大倉は、思いやり深い人で、川奈から多くのプロが育った。日本プロ協会2代会長、山本増二郎は、初め測量助手として入社。キャディマスターの後、駒沢コースにプロ留学、川奈系プロ第1号だ。川奈出身プロには石井、杉本、内田など同姓が多いのが特色だ。台湾からも陳清水が修業に来た。

戦前、日本ではキャディは子供と決まっていたが、川奈では漁師のおかみさんたちが、両肩に二つのバッグを担いで有名だった。

川奈ホテルゴルフコース
開場日:昭和3年6月(大島)
    昭和11年12 月(富士)
コース:18H/5366Y/P68(大島)
    18H/6691Y/P72(富士)
設計:大谷光明(大島)
   C・H・アリソン(富士)
静岡県伊東市川奈1459 ☎0557-45-1111

美しい日本のゴルフコースより(弊社刊)

This article is a sponsored article by
''.