北海に面するセントアンドリュースには強い海風が吹き込んできます。「バンカー」はそんな海風が創った自然の窪地。うねるフェアウェイにひっそりと姿を隠したバンカーには、それぞれ名前が付けられています。1842年の「チェインバー・ジャーナル」では、現在のツアープロが活用する「ヤーデージBOOK」の存在をレポートしています。「ロイヤル・ゴルフクラブはすべてのバンカーや地面の特徴を描き込んだ地図を持っている。バンカーには名前が付けられ、海員地図にある砂丘や岩までも写されている。複雑なリンクスの正確な地形を知ることは大いに役立つだろう」。ここでゴルフ場クイズ。オールドコースにはいくつバンカーがあるか、ご存知ですか?

Q.10 突然セントアンドリュースを襲う濃霧の名前は?

画像1: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • ハール

    正解。スコットランド東岸に位置するセントアンドリュースは海洋性気候の街。「ハール」と呼ばれる北海から生じる濃霧に包まれることがある。

  • ケール

    不正解。スコットランド東岸に位置するセントアンドリュースは海洋性気候の街。「ハール」と呼ばれる北海から生じる濃霧に包まれることがある。

  • カール

    不正解。スコットランド東岸に位置するセントアンドリュースは海洋性気候の街。「ハール」と呼ばれる北海から生じる濃霧に包まれることがある。

  • ハール
    26
    21
  • ケール
    57
    47
  • カール
    17
    14

Q.11 オールドコースには何個のバンカーがある?

画像2: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 100個

    正解は「112個」。セントアンドリュース湾の脇にあるオールドコースにはいつも強い海風が吹きさらす。112個のバンカーは強い海風が作った自然の窪地。

  • 108個

    正解は「112個」。セントアンドリュース湾の脇にあるオールドコースにはいつも強い海風が吹きさらす。112個のバンカーは強い海風が作った自然の窪地。

  • 112個

    正解。セントアンドリュース湾の脇にあるオールドコースにはいつも強い海風が吹きさらす。112個のバンカーは強い海風が作った自然の窪地。

  • 100個
    8
    7
  • 108個
    47
    40
  • 112個
    45
    39

Q.12 オールドコースは18ホールですが、グリーンの数は?

画像3: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 31個

    正解は「11個」。ひとつのグリーンにホールカップが2つある共有グリーンが18ホール中7ホール。単独のグリーンは1番、9番、17番、18番の4ホール。ホールは18個あるが、グリーンは11個しかないのが神のコース。

  • 21個

    正解は「11個」。ひとつのグリーンにホールカップが2つある共有グリーンが18ホール中7ホール。単独のグリーンは1番、9番、17番、18番の4ホール。ホールは18個あるが、グリーンは11個しかないのが神のコース。

  • 11個

    正解。ひとつのグリーンにホールカップが2つある共有グリーンが18ホール中7ホール。単独のグリーンは1番、9番、17番、18番の4ホール。ホールは18個あるが、グリーンは11個しかないのが神のコース。

  • 31個
    12
    10
  • 21個
    15
    13
  • 11個
    73
    62

Q.13 16番の3つ並んだバンカーについている名前は?

画像4: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 校長先生の眼

    正解は「校長先生の鼻」。プリンシパル・ノーズと呼ばれています。ひとつ目のバンカーまで216ヤード、3つ目のバンカーまで261ヤード。ゴルフの神様はゴルファーの飛距離をよくご存じのようですね。

  • 校長先生の鼻

    正解。プリンシパル・ノーズと呼ばれています。ひとつ目のバンカーまで216ヤード、3つ目のバンカーまで261ヤード。ゴルフの神様はゴルファーの飛距離をよくご存じのようですね。

  • 校長先生の口

    正解は「校長先生の鼻」。プリンシパル・ノーズと呼ばれています。ひとつ目のバンカーまで216ヤード、3つ目のバンカーまで261ヤード。ゴルフの神様はゴルファーの飛距離をよくご存じのようですね。

  • 校長先生の眼
    26
    22
  • 校長先生の鼻
    57
    48
  • 校長先生の口
    17
    14

Q.14 14番にある面積300平方メートル、深さ3メートルのオールドコース最大のバンカーの名前は?

画像5: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇

これがセントアンドリュースオールドコース最大のバンカー。

  • ヘルバンカー

    正解。「ここに落としたら地獄」を意味しています。

  • ヘブンバンカー

    正解は「ヘルバンカー」。「ここに落としたら地獄」を意味しています。

  • アースバンカー

    正解は「ヘルバンカー」。「ここに落としたら地獄」を意味しています。

  • ヘルバンカー
    57
    46
  • ヘブンバンカー
    28
    23
  • アースバンカー
    15
    12

Q.15 16番グリーン、17番ティの脇にかつてあったものは?

画像6: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 正解は「鉄道」。1969年まで列車が走っていた。グリーンの右方向には線路の跡が残っている

    画像7: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 鉄道

    正解。1969年まで列車が走っていた。グリーンの右方向には線路の跡が残っている

    画像8: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 牧場

    正解は「鉄道」。1969年まで列車が走っていた。グリーンの右方向には線路の跡が残っている

    画像9: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 2
    2
  • 鉄道
    83
    70
  • 牧場
    14
    12

Q.16 オールドコースにはパー3が何ホールある?

画像10: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 2ホール

    正解。8番と11番の2ホール。ゴーイングアウト、カミングインで各1ホールずつ。パー5も2ホールで、パー4が14ホール。神の創ったパー72は、いつもの「4-4-10」の組み合わせとちょっと違う。

  • 3ホール

    8番と11番の2ホール。ゴーイングアウト、カミングインで各1ホールづつ。パー5も2ホールで、パー4が14ホール。神の創ったパー72は、いつもの「4-4-10」の組み合わせとちょっと違う。

  • 4ホール

    8番と11番の2ホール。ゴーイングアウト、カミングインで各1ホールづつ。パー5も2ホールで、パー4が14ホール。神の創ったパー72は、いつもの「4-4-10」の組み合わせとちょっと違う。

  • 2ホール
    20
    17
  • 3ホール
    49
    41
  • 4ホール
    30
    25

Q.17 1955年の全英オープンでは6936ヤードだった総ヤーデージは、2015年は何ヤードになった?

画像11: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 7297ヤード

    正解。全英オープンメディアガイドによると、1950年以降13回、オールドコースで開催されているが、7000ヤードを超えたのは2000年大会から。1978年から1995年の4回は6933ヤード。1970年は6951ヤード、1955年、57年、60年の3回は6936ヤードで開催されている。総ヤーデージは年々伸びるのではなく、過去の実績を見ると前回大会から短くなることがある。正解は「7297ヤード」。7305ヤードは2010年大会のヤーデージ。

  • 7305ヤード

    全英オープンメディアガイドによると、1950年以降13回、オールドコースで開催されているが、7000ヤードを超えたのは2000年大会から。1978年から1995年の4回は6933ヤード。1970年は6951ヤード、1955年、57年、60年の3回は6936ヤードで開催されている。総ヤーデージは年々伸びるのではなく、過去の実績を見ると前回大会から短くなることがある。正解は「7297ヤード」。7305ヤードは2010年大会のヤーデージ。

  • 7155ヤード

    全英オープンメディアガイドによると、1950年以降13回、オールドコースで開催されているが、7000ヤードを超えたのは2000年大会から。1978年から1995年の4回は6933ヤード。1970年は6951ヤード、1955年、57年、60年の3回は6936ヤードで開催されている。総ヤーデージは年々伸びるのではなく、過去の実績を見ると前回大会から短くなることがある。正解は「7297ヤード」。7305ヤードは2010年大会のヤーデージ。

  • 7297ヤード
    29
    23
  • 7305ヤード
    52
    41
  • 7155ヤード
    19
    15

Q.18 1982年から2017年の全英オープンで最も難しいホールに選ばれたのは何番?

画像12: 【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! カミングイン篇
  • 5番パー5

    全英オープンメディアガイドによると1982年から2017年の35年間「最も難しいホール1位」は1984年大会のオールドコースの17番パー4。平均スコア「4.79」。35年間の難関ホール「トップ10」に17番は3位(2000年)、4位(2010年)、6位(2015年)9位(2005年)に入っている。しかし、オールドコースのホール別ストロークインデックスは、1位が14番パー5、2位が5番パー5。17番は「5番目に難しい」ホールとスコアカードに表記されている。

  • 14番パー5

    全英オープンメディアガイドによると1982年から2017年の35年間「最も難しいホール1位」は1984年大会のオールドコースの17番パー4。平均スコア「4.79」。35年間の難関ホール「トップ10」に17番は3位(2000年)、4位(2010年)、6位(2015年)9位(2005年)に入っている。しかし、オールドコースのホール別ストロークインデックスは、1位が14番パー5、2位が5番パー5。17番は「5番目に難しい」ホールとスコアカードに表記されている。

  • 17番パー4

    正解。全英オープンメディアガイドによると1982年から2017年の35年間「最も難しいホール1位」は1984年大会のオールドコースの17番パー4。平均スコア「4.79」。35年間の難関ホール「トップ10」に17番は3位(2000年)、4位(2010年)、6位(2015年)9位(2005年)に入っている。しかし、オールドコースのホール別ストロークインデックスは、1位が14番パー5、2位が5番パー5。17番は「5番目に難しい」ホールとスコアカードに表記されている。

  • 5番パー5
    9
    7
  • 14番パー5
    14
    11
  • 17番パー4
    76
    58

ゴーイングアウト篇(Q.1~Q.9)がまだの人はこちらでトライ!

【ゴルフ場クイズ】神が創った18ホール。聖地セントアンドリュース「18の謎」を解く! ゴーイングアウト編

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.