「茨城ゴルフ倶楽部」を開発、経営する安達建設グループは、昭和18年創業の造林業・安達幸三郎商店に始まる。ゴルフ場との関係は、昭和5年、「名古屋GC和合C」に芝生を納入したのがきっかけ。

現・安達建設のゴルフ場建設の第1号は、昭和9年の中国青島GC、国内では昭和10年信太山GC、そして昭和12年小金井CC造成以来、安達商会、安達組と改組しながらゴルフ場建設120年の歴史を持つ。

戦後、直営コースのひとつ荒川河川敷の東京都民ゴルフ場は、台風のたびに冠水したため、社主・安達貞市は「東京都民ゴルフ場のメンバーを救うため」と内陸にコース用地を探す。「いいコースを造るには、平坦な土地が第一」が安達の信念だった。

メガネに叶ったのが筑波山を背に牛久沼に近い平坦な原野、茨城県伊奈村小島新田。太平洋戦争中に新田開発のために開拓農民が入った土地だったが、戦争激化で放置状態にあった。36ホール分、全用地45万坪を確保するのに2年かかった。

上田治をホテルに缶詰めにし、設計してもらった

安達貞市には苦い経験がある。昭和13年、新霞ヶ関ゴルフ倶楽部(昭和15年合併して現、東京ゴルフ倶楽部となる)を造ったとき、隣接する霞ヶ関カンツリー倶楽部の東、西コース36ホールを見せつけられていた。

「これからのチャンピオンコースは18ホールでは不足、36ホールのダブルチャンピオンコースだ」。工事は昭和35年1月から始まった。設計は上田治。36ホールの用地買収と工事を同時進行で進めるのだから、現場は多忙を極めた。

上田を丸の内ホテルに缶詰にし、出来上がった数ホール分の設計図をもって伊奈村との間を往復、それをくり返した。安達貞市の注文は、東コースはバンカーを少なく、地形のスロープとマウンドで変化を、西コースは池中心で戦略的に。上田からの逆注文は「十分に広い用地が欲しい」だった。

画像: 西11番ホール/428㍎/パー4 距離が残る2打目は、左右のバンカーに気をつけ、無理せず両グリーンの間狙いが安全ルート

西11番ホール/428㍎/パー4 距離が残る2打目は、左右のバンカーに気をつけ、無理せず両グリーンの間狙いが安全ルート

画像: 西14番ホール/521㍎/パー5 やや右曲がりのホールでやや左から攻めるのが正解。フェアウェイは広く豪快に攻めていける

西14番ホール/521㍎/パー5 やや右曲がりのホールでやや左から攻めるのが正解。フェアウェイは広く豪快に攻めていける

昭和36年4月、東コース仮開場。昭和37年9月、東・西36 ホール本開場。東6997㍎、西6916㍎の“ダブルチャンピオン”の誕生だった。開場後、上田治は、「理想的な地形で広さも十分にある。それだけにやりがいもあったが、心地よい苦悩もあった」と感慨をもらした。

その後平成23年、東コースは2グリーンから1グリーンへ改造、西コースは開場時から変わらないA・Bの2グリーン。

画像: 東6番ホール/192㍎/パー3 2つのグリーンの手前に3つの深いバンカーがガードをしていた(上写真)。2011年の1グリーン改造後、グリーン手前に1つの大きなバンカーがガードするホールとなった

東6番ホール/192㍎/パー3 2つのグリーンの手前に3つの深いバンカーがガードをしていた(上写真)。2011年の1グリーン改造後、グリーン手前に1つの大きなバンカーがガードするホールとなった

画像: 東1番ホール/528㍎/パー5 右奥がグリーン、左サイドがベスト

東1番ホール/528㍎/パー5 右奥がグリーン、左サイドがベスト

画像: 東9番ホール/582㍎/パー5 グリーン手前のバンカーは少し離れているので距離感が惑わされやすい

東9番ホール/582㍎/パー5 グリーン手前のバンカーは少し離れているので距離感が惑わされやすい

画像: 東8番ホール/445㍎/パー4 真ん中にある杉の木がティショットの置き場所を難しくさせる

東8番ホール/445㍎/パー4 真ん中にある杉の木がティショットの置き場所を難しくさせる

画像: 16番/470㍎/パー4 距離の長いホール、2打目は中央の木がスタイミーになりやすい

16番/470㍎/パー4 距離の長いホール、2打目は中央の木がスタイミーになりやすい

茨城ゴルフ倶楽部
茨城県つくばみらい市小島新田☎0297-58-1216
開場日:昭和37年9月28日
コース:18H/7336Y/P72(東)
    18H/7095Y/P72(西)
設計:上田治
公式ホームページ

取材・文/田野辺薫

美しい日本のゴルフコースより(弊社刊)

This article is a sponsored article by
''.