来年に迫った東京五輪。ゴルフ競技が開催されるのは「霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コース」。それにあたり、東コースは全面的に改造された。いったいどのようなコースに生まれ変わったのか。

世界基準の東コースへ。T・ファジオ親子が改造

日本最初の36ホール倶楽部でもある「霞ヶ関カンツリー倶楽部(東・西)」。その東コースは2020年の五輪開催コース。同コースは五輪にふさわしい舞台とするべく、米国の設計家、トム・ファジオ&ローガン・ファジオ親子にコース改造を依頼し、2017年に完成。新たに誕生した「世界基準」コースに迫った。

霞ヶ関カンツリー倶楽部は、2019年で創立90年。今回改造した東コースは、戦前、藤田欽也と赤星四郎が設計した後、C・H・アリソンが改造。戦後、接収されたコースが返還された後、東コースは1952年に復旧工事を終え再開。ちなみに西コースの戦後復旧は、井上誠一が指揮を執った。1957年には、日本チームが優勝した「カナダカップ(現ワールドカップ)」の舞台にもなり、日本に一大ゴルフブームを起こした「霞ヶ関CC」。それから半世紀以上の時間を経て、五輪会場として再び世界から注目を浴びている。

クラシックの良さを残しつつ、距離を伸ばし、1グリーン化

総支配人の今泉氏によると、コースの原型は変えずに、距離を伸長、グリーンを1グリーンにすることが主な改造内容だった。

「フルバックから打つと、ちょうどハザードに飛び込むような設計にし、プロにとって難しく、アマチュアにはやさしくなるようになっています。メンバーさんのなかには、バンカーがプレッシャーに感じないなど、簡単になったという方もいらっしゃいます」(今泉総支配人)

設計したT・ファジオは、これまで世界で250コース以上の設計・改造を手がけてきた名デザイナー(PGAナショナルCC、オーガスタナショナルGC、メリオンGC…)。

画像: トム・ファジオ(右)と息子のローガン・ファジオ

トム・ファジオ(右)と息子のローガン・ファジオ

霞ヶ関CCの改造について「“霞”の東コースは、中級者には素晴らしいコースだが、上級者に少し物足りなかった。フェアウェイに高低の起伏をつけ、リスク&リワードの設計哲学を反映させる。2グリーンは1グリーンに変更。なぜならば、それが国際基準だからです」(T・ファジオ)

リスク&リワードとは、「危険から逃げずに挑戦して、成功すれば報酬(次打が有利に)が得られる」というコンセプトで、ゴルフゲームをスリリングにする一大要素だ。

さらに、「樹木は財産」として、可能な限り今ある木々を活かし、トラディショナルでありながら国際舞台にふさわしいコースに仕上げていった。

2週間に渡る五輪期間中は、芝生のコンディションを保ち続けるために、より専門性の高いキーパーを育成中とのこと。

「五輪だからと浮足立つことはせず、日本のゴルフ界活性のため協力できれば、と考えています」(今泉総支配人)

画像: 東コース10番(パー3)(Ph/Hiroaki Yokoyama)

東コース10番(パー3)(Ph/Hiroaki Yokoyama)

各ホール、どうのように変わったのか?

10番/168ヤード/パー3

【変更点1】ティーイングエリアからグリーン面が見えるようになった
【変更点2】2グリーンを1グリーンにし、そのときできた段差はあえて残した
【変更点3】バンカーから積みあがった砂で高くなったグリーンを、本来の高さに戻した
【変更点4】バンカーの深さを掘り下げた

画像: ティーイングエリアからグリーン面が見えるよう、グリーンの高さを調整。それに合わせて、名物だったアリソンバンカーも姿を変えた

ティーイングエリアからグリーン面が見えるよう、グリーンの高さを調整。それに合わせて、名物だったアリソンバンカーも姿を変えた

●6番/360ヤード/パー4

画像: もともとあった松の木などは極力残した

もともとあった松の木などは極力残した

●7番/194ヤード/パー3

画像: 右手前から左奥に伸びるグリーン形状

右手前から左奥に伸びるグリーン形状

●8番/369ヤード/パー5

画像: グリーン左手前と左サイドに深さのあるバンカーが連なる。写真手前はフェアウェイバンカー

グリーン左手前と左サイドに深さのあるバンカーが連なる。写真手前はフェアウェイバンカー

●11番/436ヤード/パー4

画像: 左手前から右奥へタテに長いグリーン形状

左手前から右奥へタテに長いグリーン形状

●12番/463ヤード/パー4

画像: バンカーの形状が大きく変わった

バンカーの形状が大きく変わった

●13番/377ヤード/パー4

画像: 大きめの1グリーンをガードするように手前に大小のバンカー群

大きめの1グリーンをガードするように手前に大小のバンカー群

●16番/185ヤード/パー3

画像: グリーン左サイドにはバンカーがないが、グリーンを外すとボールが外へ転がり出ていくデザイン

グリーン左サイドにはバンカーがないが、グリーンを外すとボールが外へ転がり出ていくデザイン

霞ヶ関カンツリー倶楽部
埼玉県川越市大字笠幡3398(☎049-231-2181)
1929年:創設 
1936年:国内初の36Hコースとなる
1957年:カナダカップ開催
東コース:18H・7466Y・P71(藤田欽也・赤星四郎設計、C・H・アリソン改造、T・ファジオ&L・ファジオ新改修)
西コース:18H・7117Y・P73(井上誠一設計)
公式ホームページはこちら

画像: 【アクセス】 圏央道・県央鶴ヶ島ICより約5キロ 【電車】 西武新宿線・狭山市駅より約15分

【アクセス】 圏央道・県央鶴ヶ島ICより約5キロ
【電車】 西武新宿線・狭山市駅より約15分

PHOTO/Kazuya Hirosawa、Hiroaki Yokoyama、Yasuo Masuda

週刊GD2019年4月30日号より

This article is a sponsored article by
''.