創業者の阿部広三郎は明治30年愛知県神守村(現・津島市)生まれ。16歳で名古屋の木材問屋・羽州屋に丁稚奉公。さらに大手の山二木材でも丁稚奉公。

ゴルフコースことはじめ
文芸評論家を経て、ゴルフジャーナリストとしても活躍した田野辺薫氏。ゴルフコースの目利きとして全国のコースを取材し、週刊ゴルフダイジェストで「ゴルフの歴史を歩こう」を連載(2005~2013年)。それを一冊にまとめた「美しい日本のゴルフコース」から多くの人に名コース誕生の歴史を知ってもらおうと再編集公開しています。

創業者は中京財界の有名人

大正7年20歳で名古屋野砲第3連隊に入隊。摸範兵となり阿部信行部隊長(後に首相)従卒となる。大正12年26歳、阿部製材所で独立。合板部を設置、合板輸出を始める。昭和14年、43歳。

日中戦争で内需、軍需が膨らみ上海に揚子江木材、東満州に東興木材を設立、軍需合板を中心に馬の鞍、小銃の銃床まで製造。阿部は、軍用機で内地と中国を往復したという。

終戦直前、銃弾の信管という場違いの製造命令に窮した時計メーカー、明治時計を頼まれて継承したのが幸い、戦後中京財界で名を上げる。

さらに昭和25年10月30日、松坂屋、豊田グループが各々1000万円を出資、資本金5000万円、会長・豊田利三郎、社長・佐々部晩穂、副社長・阿部広三郎の東洋プライウッド㈱を創立する。中京財界の重鎮を揃えた、米国復興内需向け高級合板の製造輸出を目的とした企業だった。

“ゴルフは家族で楽しむものだ”という信念

コース敷地は、名古屋の栄から車で25分、守山区吉根の緑地公園の東隣の25万坪、緑地公園の池越えに栄通りのテレビ塔、振り返れば樹林越えに遠くアルプスの山並みの頂きが遠望された。

設計者の上田治に「めぐまれた美しい風致に、私の制作意欲が刺激された」と言わせたゆるやかな丘陵の高見は、もとは阿部個人が一宮市の林紡績から頼まれて買った土地だった。

住宅地にする計画だったが、守山市が、家が増えると学校も増やすことになると渋り、「それならば」とゴルフ場の建設に決まった。

画像: 4番ホール/208㍎/パー3 池越えのパー3だが、グリーンまで距離があるので思い切って打っていける。奥にも難関バンカーが待つ

4番ホール/208㍎/パー3 池越えのパー3だが、グリーンまで距離があるので思い切って打っていける。奥にも難関バンカーが待つ

画像: 1番ホール/350 ㍎/パー4 1打目は打ち下ろしで、やや左狙い。グリーンは砲台のため距離感が難しい。大きめのクラブで攻めたい

1番ホール/350 ㍎/パー4 1打目は打ち下ろしで、やや左狙い。グリーンは砲台のため距離感が難しい。大きめのクラブで攻めたい

画像: 11番ホール/385㍎/パー4 左OB、右はセーフだが右に落とすと厄介なホール。ティショットがカギを握る

11番ホール/385㍎/パー4 左OB、右はセーフだが右に落とすと厄介なホール。ティショットがカギを握る

画像: 13番ホール/228 ㍎/パー3 距離のあるパー3。グリーン奥に外すと難しいので手前から攻めたい

13番ホール/228 ㍎/パー3 距離のあるパー3。グリーン奥に外すと難しいので手前から攻めたい

画像: 18番ホール/548㍎/パー5 ティショット以降はゆるやかな上り。林の向こうに名駅ビル群が見える

18番ホール/548㍎/パー5 ティショット以降はゆるやかな上り。林の向こうに名駅ビル群が見える

なぜパブリックだったなのか。ゴルフ好きの阿部は「米国はパブリックコースも多い。家族連れで楽しむのが常識だ。私は大衆のものとしてやりたい、不結果に終わっても自分の土地だから…」と語っている。

昭和34年11月8日、18ホール・6800㍎・パー72、2グリーンのパブリック制で開場した。

その後、昭和39年3月に会員制のクラブに移行した。

緑ヶ丘カンツリークラブ守山ゴルフ場
愛知県名古屋市守山区大字吉根字長廻間3241 ☎052-795-1111
開場日:昭和34年11月8日
コース:18H/6809Y/P72
設計:上田 治
緑ヶ丘CCの公式サイト

美しい日本のゴルフコースより(弊社刊)

取材・文/田野辺薫

会員権のお問い合わせ、ご相談はゴルフダイジェスト社 会員権サービス部が承ります

ゴルフ場の最新会員権相場をチェック

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.