昭和27年8月16日、栃木県の小平重吉知事は、加藤恭平(程ヶ谷CC会員)、杉田寧(我孫子CCキャプテン)、加藤次郎(程ヶ谷CC、霞ヶ関CC会員)、島田善介(相模CC理事長)の4氏に「日光ゴルフ建設に関する技術を嘱託する」辞令を交付した。

ゴルフコースことはじめ
文芸評論家を経て、ゴルフジャーナリストとしても活躍した田野辺薫氏。ゴルフコースの目利きとして全国のコースを取材し、週刊ゴルフダイジェストで「ゴルフの歴史を歩こう」を連載(2005~2013年)。それを一冊にまとめた「美しい日本のゴルフコース」から多くの人に名コース誕生の歴史を知ってもらおうと再編集公開しています。

ゴルフ界初、異例のことだ。4氏は栃木県出身。戦後最初の民選知事となった小平には「世界に名を知られた日光に観光施設としてのゴルフ場を」という政策目標があった。

栃木県には、昭和11年開場の「那須GC」があるが、地元では、東京人が造ったものだと思っていた。栃木県人の手で造った栃木のゴルフ場をという目的で、27年7月19日、小平知事は金谷ホテルで財界の重鎮 加藤武男と会談、県が第一次資金と用地を確保、建設工事も県営で行うと確約する。

28年7月の発起人会には県知事、副知事、日光町、今市町に並んで金谷ホテル、鬼怒川館も参加、株主には東照宮、輪王寺、二荒山神社の名も並ぶ。日光を中心に郷党挙げてのゴルフ場であった。

山ではなく旧河床の地を選択した井上誠一

コース設計の井上誠一は、中禅寺湖畔、霧降高原などを調査するが、選んだのは日光の山ではなく大谷川の旧河床だった。明治年間2度の大洪水で生まれた転石累々の荒蕪地。

表土が薄く、5寸も掘れば隠れ石でバンカーも掘れないという土地を選んだのは、男体山に向かって広く開けた標高差5㍍の旧河床の姿に、杉や樅、柳の独立樹に日光特有の林間調を感じたからだ。浅い地下の隠れ石に阻まれて、松の根は横に、枝も横に伸びる。

画像: 1番ホール/429㍎/パー4 男体山と日光連山を見るスタートホール。右の2本の松が狙いを絞る

1番ホール/429㍎/パー4 男体山と日光連山を見るスタートホール。右の2本の松が狙いを絞る

画像: 2番ホール/425㍎/パー4 フェアウェイは全体的に右に傾斜しているので、センターよりやや左狙いが〇

2番ホール/425㍎/パー4 フェアウェイは全体的に右に傾斜しているので、センターよりやや左狙いが〇

画像: 5番ホール/400㍎/パー4 男体山(左の山)に向って打つホール。左から樹木がせり出しプレッシャーがかかる

5番ホール/400㍎/パー4 男体山(左の山)に向って打つホール。左から樹木がせり出しプレッシャーがかかる

画像: 9番ホール/513㍎/パー5 ゆるやかに打ち下ろしていく、グリーン左手前が松が邪魔になるので右サイドから攻める

9番ホール/513㍎/パー5 ゆるやかに打ち下ろしていく、グリーン左手前が松が邪魔になるので右サイドから攻める

画像: 13番ホール/547㍎/パー5 男体山に打ち上げていく、右サイドから林が迫り出し狙いを狭める。花道は右側

13番ホール/547㍎/パー5 男体山に打ち上げていく、右サイドから林が迫り出し狙いを狭める。花道は右側

画像: 16番ホール/207㍎/パー3 左右、奥と3つのバンカーに囲まれたグリーンが特徴のパー3。手前から速く、右のマウンドが効いているのでラインをしっかり見定めたい

16番ホール/207㍎/パー3 左右、奥と3つのバンカーに囲まれたグリーンが特徴のパー3。手前から速く、右のマウンドが効いているのでラインをしっかり見定めたい

画像: 18番ホール/422㍎/パー4 男体山を見ながら上っていく真っすぐなホール

18番ホール/422㍎/パー4 男体山を見ながら上っていく真っすぐなホール

井上は言う。「バンカーは少なくとも松の枝がきっと日光ならではのハザードになるから」と。バン
カーは33ヵ所に止めた。

域内の松、樅、小米柳はすべて自生木だ。日光のコースは冬に凍る。春、凍ったフェアウェイが溶ける。溶け方は、土質、日照量、地下水の流水量によって微妙に変化する。

それが40年続くとフェアウェイも平坦に見えて微妙にうねりが異なる。井上は、自然力を予想したのである。

日光カンツリー倶楽部
栃木県日光市所野2833
☎0288-54-2128
開場日:昭和30年4月
コース:18H/7061Y/P72
設計:井上誠一
公式ホームページ

画像: 旧河床の地。クラブハウスとコースの間には小さな川が流れる

旧河床の地。クラブハウスとコースの間には小さな川が流れる

美しい日本のゴルフコースより(弊社刊)

取材・文/田野辺薫

ゴルフ場の最新会員権相場をチェック

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

会員権のお問い合わせ、ご相談はゴルフダイジェスト社 会員権サービス部が承ります

This article is a sponsored article by
''.