戦後、鷹之台カンツリー倶楽部は「千葉牧場」の名で出発した。それには前身鷹之台ゴルフ倶楽部から書く必要がある。

高台だから「鷹之台」

昭和5年匿名組合大和スポーツ協会という集まりが、千葉県千葉郡犢こては橋し村横戸字高台の通称高台山林22万坪にゴルフ場を計画した。クラブ名の鷹之台は高台からとった。場所は現コースとほぼ同じ。

アウトは現在のインコースの敷地、現10・17番が旧7・9番に当たる。インは、現練習場から2・3番ティ下の印旛疎水までの間に広がっていた。設計は英国生活の長い清木一男。匿名組合出資者のひとりだ。

画像: 11番ホール/407㍎/パー4 280㍎付近のフェアウェイがかなり狭まれ、やや左に傾斜している。グリーンは奥ほど受けて傾斜も強い

11番ホール/407㍎/パー4 280㍎付近のフェアウェイがかなり狭まれ、やや左に傾斜している。グリーンは奥ほど受けて傾斜も強い

日本の当時のコースとしては随一の長さの18ホール、6720㍎、パー72。たちまち日本プロなど大競技が集中した。

一時はコース全面が芋畑になった

平穏な歩みも戦争で終わる。コースの一部は芋畑になり、クラブハウスには陸軍が駐屯したが、空襲下機銃掃射に追われながらもプレーは続けられたというから凄い。

敗戦。開拓農民が入り込んでコースは畑地となり、倶楽部は自然消滅。昭和27年10月1日社団法人鷹之台カンツリー倶楽部設立、昭和27年11月起工式を上げたが、助成金を出した県が態度を硬化、結局「千葉牧場」という奇策で農地転用許可が下りた。

画像: 18番ホール/522㍎/パー5 まっすぐなパー5で、思い切ってティショットが打てる

18番ホール/522㍎/パー5 まっすぐなパー5で、思い切ってティショットが打てる

2000年、井上誠一設計に復元

仮開場は昭和29年2月10日、アウトは牧場、インがゴルフ場という半端なコースだった。クラブハウスは牧舎風、新コースの設計は井上誠一。

しかし、進行をめぐって倶楽部と対立、途中で和泉一介に代わる。18ホールが開場するのは、同年5月23日、緬羊80頭が遊ぶユニークなゴルフ場としてスタートした。それから約四半世紀、2000年の日本オープンを前に、井上設計が正確復元された。

画像: 17番 418㍎ パー4

17番 418㍎ パー4

昭和36年の日本オープンは競技史に残る。289ストロークで5人がタイ、ヘッドライトの光を集めてプレーオフが行なわれた。8番ホールで決着したときは、競技委員が懐中電燈でグリーンを照らしてプレーを助けるという嘘のような試合だった。優勝は細石憲二。

鷹之台カンツリー倶楽部
千葉県千葉市花見川区横戸町1501 ☎047-484-3151
開場日:昭和29年5月
コース:18H/7132Y(ベント)/P72
設計:井上誠一、和泉一介
公式ホームページはこちら

取材・文/田野辺薫

This article is a sponsored article by
''.